水平社宣言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水平社宣言(すいへいしゃせんげん)は、全国水平社創立に際して、その告文として発された宣言文であり、日本最初の人権宣言ともいわれる。西光万吉を起草者として、平野小剣など幾人かの添削を経て完成に至り、京都は岡崎公会堂において開かれた全国水平社創立大会の場において、大正11年3月3日、起草者の西光自らによって読み上げられ、ここに部落解放運動の勃興が全国に知らしめられた。

特徴

  • 集団および個人としての諸姿勢の訓戒等

余話

  • 米国、ロシア、英国、フランス等においては、『日本で初めての本来民衆による解放運動が起こった』との旨で、トップニュースで伝えられたという。
  • 締めの一文である『人の世に熱あれ、人間に光あれ』は人権標語などにたびたび用いられることで今にも広く認知を得ている。

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2007年5月27日 (日) 09:18。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。