革新官僚


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

革新官僚(かくしんかんりょう)とは、1937年内閣調査局を前身とする企画庁が、日中戦争の全面化に伴って資源局と合同して企画院に改編された際、同院を拠点として戦時経済統制の実現を図った官僚層。のちに国家総動員法などの総動員計画の作成に当たった。 新々官僚(しんしんかんりょう)、略して新官僚(しんかんりょう)と称されることもあるが、そもそも「新官僚」は大正後半から昭和初期にかけて疑似右翼的な官僚層を指して使われた言葉で、のちに新々官僚が登場してきたときに紛らわしいので新々官僚を「革新官僚」とも呼ぶようになった。ちなみに、「新官僚」に該当する人物としては、内務省警保局の幹部に昇進し「天皇陛下の軍隊」に対抗して「天皇陛下の警察官」を自称した後藤文夫のほか、松本学唐沢俊樹吉田茂(内務省出身。のちの首相は同姓同名の異人)、平沼騏一郎などが挙げられる。

逓信省出身の奥村喜和男電力国家管理案を実現してから注目されるようになった。星野直樹企画院総裁、岸信介商工次官ら満州で経済統制の実績を挙げていた高級官僚、および美濃部洋次毛里英於菟(ひでおと)、迫水久常らの中堅官僚が知られる。モデルはソ連の計画経済であり、秘密裡にはマルクス主義が研究されていた。現に革新官僚たちはソ連の五カ年計画方式を導入した。それゆえに戦後には左翼とする論者Template:誰?もいる。革新的・社会主義的な立案を行ったため、「共産主義」として小林一三らの財界人や平沼騏一郎など右翼から強い反発を受け、1941年に企画院事件を生じた。

革新官僚に該当する人物としては、企画院の項目で挙げられた人名以外でも、

などが挙げられる。

脚注

参考文献

  • 橋川文三 「新官僚の政治思想」『近代日本政治思想の諸相』 未來社、1968年。

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月12日 (水) 07:20。












   
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。