地方官会議


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地方官会議(ちほうかんかいぎ)とは、1874年明治7年)に設置された、明治政府が招集した府県長官の会議のことである。大阪会議木戸孝允が構想し、開設が決定した。1875年(明治8年)以来3回、地方民情を知るために、県令および府知事を招集した。地方民会三新法など地方自治に関係のある、地方行政を巡る諸問題を審議した。なお、元老院に対する下院のつもりであるが、実質は官選事務官会議であった。その後、1881年(明治14年)、国会開設の勅諭によって廃止となったであろうということが定説になっているが、定かではないと思われる。

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月24日 (金) 03:49。












   
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。