懇話会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

懇話会(こんわかい)とは、大日本帝国憲法下における貴族院における院内会派の名称。通称は勤倹尚武連(きんけんしょうぶれん)。後に月曜会(げつようかい、1891年3月18日-)、庚子会(こうしかい、1900年3月3日-)と改称しながら、1901年12月7日まで続いた。

明確な時期は不明だが、帝国議会が設置された1890年11月から程なく谷干城曾我祐準鳥尾小弥太山川浩島津忠済らによって結成された。翌年には名称を「月曜会」と改めると、50人を有して研究会三曜会とともに初期議会を代表する会派となった。

この会派は陸軍右派として排除された「四将軍派」のうち谷・曾我・鳥尾が揃った(残りの三浦梧楼三曜会に属した)事に代表されるように国粋主義色の強い右派が多く、藩閥政府――特に伊藤博文に対しては国家の混乱を招いた人物として敵対意識が強く、また山縣有朋系の会派に移行した研究会の方針に不満を抱いて懇話会の結成に参加した者もおり、この両者に対する反発が根強かった。その一方で、超然主義を支持する他会派とは違い、自由民権運動系の政党への敵意は弱く、第1次大隈内閣に対しては好意的な中立を維持した。

1899年には最大68人を有したが、翌年には内紛から離脱者が相次ぎ、主流派40名は「庚子会」と名乗る。だが、研究会の台頭に対して衰退を続けたために、1901年には三曜会の後継会派である朝日倶楽部と合併して新会派・土曜会を結成した。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年7月6日 (日) 15:11。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。