渡洋爆撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渡洋爆撃とようばくげき)とは、大日本帝国海軍昭和12年(1937年)から中国大陸本土に対する長距離爆撃を行ったことをいう。

最初の渡洋爆撃と呼ばれるのは、8月15日の南京に対する空襲である。初期は九州大村基地から海を越えて南京に対する攻撃を中心として爆撃していたが、日本軍の占領地の拡大に伴い目的地・発進基地ともに中国奥地へと前進した。中国国民党が遷都した重慶に対する「重慶爆撃」は有名である。機体は双発の九六式陸上攻撃機が用いられ、のちに一式陸上攻撃機が引き継いだ。

なお、陸軍は敵基地限定爆撃に重点をおき、戦略爆撃をおこなっていない。海軍航空隊がどのような判断から市街地を目標として選択したかは不明である。旧日本軍機は防御性能が十分ではなかった為、損害が回を重ねるごとに増えていった。また、護衛の九六式艦上戦闘機の航続距離が短かったのも原因のひとつとされる。この爆撃を見たアメリカやイギリスはその効率のよさを評価して、後の太平洋戦争での日本の本土空襲を行う際の参考にしたという。


関連項目

_



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年8月26日 (火) 12:10。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。