後藤象二郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:政治家?

後藤 象二郎 / 象郎(ごとう しょうじろう、天保9年3月19日1838年4月13日)- 明治30年(1897年8月4日)は、日本武士土佐藩士、政治家爵位伯爵農商務大臣逓信大臣大阪府知事など。は元曄(もとはる)。象二郎は通称、他に保弥太、良輔。雅号は暢谷。

生涯

生い立ち

土佐藩高知城下にて上士・馬廻格150石の後藤助右衛門の長男として生まれる。将来共に活躍する板垣退助とは幼い頃からの知り合いであり、後藤の姉の夫で、義理の叔父である吉田東洋の塾で板垣らと共に学んだ。

安政5年(1858年)より、吉田東洋の進言もあって、幡多郡奉行文久元年(1861年)には御近習目付、その後は普請奉行として土佐藩政で活躍したが、翌年に吉田が暗殺され、拠り所を失った後藤は失脚する。

文久3年(1863年)に、再び役職を得、また前藩主山内容堂の信頼を得たのもこの頃だと言われる。この年に、江戸の開成所にて蘭学や航海術、また当時はやり始めた英学も習っている 。

元治元年(1864年)に、大監察に昇進した。またこの頃の後藤は公武合体派の急先鋒であり、武市瑞山(半平太)を党首とする土佐勤王党を実質解散に追い込み、武市らを切腹させた。

慶応3年(1867年)、後藤は公武合体論から意見を変え、長崎にて有名な坂本龍馬との会談を行う。後藤から見れば龍馬は、師であり叔父である吉田東洋の、龍馬から見れば武市端山の敵であったが、両者とも過去の因縁を忘れ、手を握ったのである。会談後、帰国した後藤は龍馬が最初に提案したと言われている船中八策大政奉還論などを内容とする)に基づき、前藩主・容堂に対し将軍徳川慶喜に大政奉還させるよう進言する。この進言後、脱藩罪に問われていた龍馬が特赦されたのも後藤の働きによると言われている。これらの功によって中老職、家禄700石。のち執政に就任、役料を合わせて1500石に栄進している。

慶応4年(1868年)、パークス襲撃事件の際の功績により、中井弘蔵と共に英国ビクトリア女王から、名誉の宝剣を贈られている。

明治時代

明治期には徴士として新政府への参加を皮切りに、参議参与などに就任するが、明治6年(1873年)に板垣退助・西郷隆盛らと共に征韓論争に敗れて公職を離れる。

しかし翌年には板垣退助、江藤新平副島種臣らと愛国公党を組織し、民選議院設立を申し立てたが成功しなかった。明治14年(1881年)には再び板垣を中心に、自由党を設立した。

のちには薩長政府の懐柔策に応じて協力に転じ、黒田内閣第1次松方内閣逓信大臣第2次伊藤内閣農商務大臣に就任している。その後も政界にて活躍して、進歩党結成にも尽力している。

また実業家としての一面もあり、明治7年(1874年)には長崎県の高島炭鉱を約55万円で払い下げを受けて蓬莱社を設立するが、2年後には放漫な経営のため破綻。結果、岩崎弥太郎に売却している。

その後の後藤家

象二郎のあとを継いだ猛太郎は、日本活動フィルム会社(日活の前身)初代社長をつとめた。 猛太郎と新潟芸妓のあいだにできたのが保弥太である。

保弥太の長男・省三は襲爵手続きをしなかったため、省三の代で後藤伯爵家は消滅した。

評価

明治時代にも(下野時代を含めて)政治家として活躍してはいるが、後藤象二郎の名前が覚えられているのは、やはり幕末に土佐藩や日本国政に関わる仕事をしたことであろう。彼は勤王党断罪に代表される公武合体派から、坂本龍馬との会見を通して非佐幕の立場に変わった。背景には薩長同盟締結により倒幕勢力が盛り返し、時流が再び倒幕へと傾いた事への土佐藩全体の焦りがあった。さらに江戸幕府を助けたいと思う山内容堂の意見がたぶんに影響しており、容堂を時代を救った英雄にすべく、坂本に泣きついたという見方もできる。結果、後藤は坂本の大政奉還策を容堂に進言し、土佐藩の藩論として慶喜に受け入れさせる事に成功した。だが、大政奉還策を容堂に進言する時に、階級主義で郷士嫌いの容堂に、郷士である坂本の立案である事を伝えれば、拒絶される事は目に見えていたとは言え、坂本の案である旨を述べなかった事から坂本の業績を横取りしたという汚名も蒙ってしまっている。それでも、坂本と容堂、そして将軍・慶喜とのパイプ役を担い、それが明治維新への原動力となった事を考えれば、後藤の行動は十分に評価されてしかるべきであろう。その反面、会津では今でも板垣と後藤は長州藩と並び、忌み嫌われている事実もある。

維新後は大臣を歴任するなど政治家としても活躍しているが、自由民権運動に邁進したり、ある時は実業家として活動するなど行動に一貫性がない事もあり、また坂本龍馬という偉大な英雄の影に隠れてしまっている事もあってか、維新の元勲の中では今日知名度も低く、評価もさほど高くはない。特に自由民権運動においては、たびたび政府に買収されているため、結果としては民権派活動家達を何度も裏切り、大きく失望させている。このことも後藤の評価を著しく下げている。

武市半平太を処刑に追い込んだ張本人でもあるため、一部では「後の総理大臣を殺した」者として非難されているTemplate:要出典?。これに関して後藤は明治になって、武市らを断罪したことを悔いている。しかし、多くの維新革命を担った人材を輩出しながら、土佐藩長州藩薩摩藩のように維新政府の中枢を担えなかった結果を招いたことは、彼についての評価が分かれるところであろう。

その他

日本人ではじめてルイ・ヴィトンの製品を愛用した事でも知られている。彼はパリの本店で鞄を購入した。

系譜

後藤助右衛門━━後藤象二郎━┳━後藤猛太郎━┳━後藤保弥太━━━━━━後藤省三
              ┃       ┣━ナオ
              ┃       ┣━後藤良輔
              ┃       ┣━後藤三郎
              ┃       ┣━孝子
              ┃       ┗━川添紫郎(浩史)━┳━川添象郎(象太郎)
              ┃                  ┗━川添光郎
              ┃ 岩崎弥之助 ┏━岩崎小弥太
              ┃  ┣━━━━╋━岩崎俊弥
              ┣━早苗    ┗━岩崎輝弥
              ┣━小苗
              ┣━後藤六弥
              ┃         斎藤博
              ┃ 長與稱吉     ┃
              ┃  ┣━━━━┳━美代子
              ┗━延子    ┗━仲子
                         ┣━━━━━━━┳━道子
                犬養毅(木堂)━犬養健      ┗━犬養康彦

参考文献

  • 千田稔 『明治・大正・昭和 華族事件録』 新潮社 2005年 144-150頁

演じた俳優

関連項目

脚注

外部リンク

Template:commons?




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月11日 (火) 09:38。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。