副島種臣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{政治家 |各国語表記 = そえじま たねおみ |画像 = Taneomi Soejima 3.jpg |画像説明 = |国略称 = Template:JPN? |生年月日 = 1828年10月17日
文政11年9月9日) |出生地 = 肥前国佐賀藩 |没年月日 = Template:死亡年月日と没年齢? |死没地 = |出身校 = 弘道館 |所属政党 = 愛国公党 |称号・勲章 = 勲一等旭日桐花大綬章
伯爵 |配偶者 = |サイン = |国旗 = JPN |職名 = 第3代外務卿 |就任日 = 1871年11月4日 |退任日 = 1873年10月28日 |退任理由 =

|国旗2 = JPN |職名2 = 第7代内務大臣 |内閣2 = 第1次松方内閣 |就任日2 = 1892年3月11日 |退任日2 = 1892年6月8日 |退任理由2 = }}

副島 種臣(そえじま たねおみ、文政11年9月9日1828年10月17日) - 明治38年(1905年1月31日)は、日本の武士佐賀藩士、官僚政治家勲等勲一等爵位伯爵。通称は二郎蒼海一々学人書家としても優れた作品を残している。

経歴

父は佐賀藩の藩校弘道館の教授であった国学者・枝吉南濠。兄は国学者・枝吉神陽。のちに同藩の副島利忠の養子となる。父・兄の影響により、早くから尊王攘夷思想に目覚める。弘道館で学び、この間江藤新平大木喬任と交わる。

嘉永3年(1850年)、兄の枝吉神陽が中心となって結成した楠公義祭同盟に加わる。

嘉永5年(1852年)、京都に遊学、漢学国学などを学ぶ。この間に矢野玄道らと交わる。元治元年(1864年)、佐賀藩が長崎に設けた洋学校・致遠館の英学生監督となり、英語などを学ぶ。慶応3年(1867年)、大隈重信脱藩し、勤王の志士として活動するが、捕らえられて佐賀に送還され謹慎処分を受ける。

明治維新後は、慶応4年(1868年)、新政府の参与・制度取調局判事となり、福岡孝悌と『政体書』起草に携わる。明治2年(1869年)に参議、明治4年(1871年)に外務卿となり、マリア・ルス号事件に携わる。

明治6年(1873年)2月には、前々年に台湾で起きた宮古島民殺害事件(→台湾出兵を参照)の処理交渉の特命全権公使としての首都北京へ派遣され、日清修好条規批准書の交換・同治帝成婚の賀を述べた国書の奉呈、および交渉にあたった。この間に清朝高官と詩文の交換を行い、高い評価を得る。

明治6年10月の征韓論争に敗れたためいったん下野して、板垣退助らと共に民撰議院設立建白書を提出した。しかしその後の自由民権運動には参加しなかった。

明治11年(1878年)、宮内省に出仕して一等侍講。明治17年(1884年)、伯爵。明治20年(1887年)に宮中顧問官、明治21年(1888年)に枢密顧問官、明治24年(1891年)に枢密院副議長になり、明治25年(1892年)には第1次松方内閣において内務大臣を務める。

なお、評論家常葉学園大学特任教授の副島隆彦は傍流の子孫にあたる。

書家としての副島種臣

書家としての業績は『蒼海 副島種臣書』(石川九楊(編集)二玄社刊)に詳しいが絶版。主要な作品は『書の宇宙24 書の近代の可能性 明治前後』(石川九楊(編集)二玄社刊)で紹介されている。平成17年(2005年)には、NHKの番組「新日曜美術館」で、書家としての側面をクローズアップした特集が放映された。
代表作は「帰雲飛雨」(佐賀県立美術館所蔵)。

栄典

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月24日 (月) 13:27。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。