渡辺錠太郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渡辺 錠太郎(わたなべ じょうたろう、1874年4月16日 - 1936年2月26日)は、日本の昭和初期の陸軍軍人で、二・二六事件の犠牲者である。

家族

愛知県の出身。煙草店・和田武右衛門の長男。のちに農家の渡辺庄兵衛の養子となる。実弟の和田庫吉も陸士20期卒で陸軍少佐になっている。子息の恭二は陸士57期の陸軍中尉

次女にノートルダム清心学園理事長で修道女渡辺和子がいる。二・二六事件に際して、父の殺害を目撃した。

教育総監への就任

1930年代前半、陸軍内部では皇道派の勢力が伸張していたが、中心人物である荒木貞夫陸相は強権的人事により評判が低下した。荒木が1934年に病気を理由に陸相を辞任したことで、皇道派の勢いは衰え、陸相の後任には荒木の要望に反して林銑十郎が就任した。

翌年7月、荒木の腹心の部下である真崎甚三郎教育総監の後任として皇道派と距離を置いていた渡辺が選ばれた。

渡辺は、乱れきった陸軍の統制を締め直すために、あえて火中の栗を拾った。渡辺は、ヨーロッパ流のリベラル派の教養人であり、給料の大半を丸善書店の支払いに充てているといわれていた。名古屋で第3師団の将校たちを集め、天皇機関説を擁護したといわれているが定かでない。しかし、この就任劇がいわゆる皇道派青年将校を刺激したことは確かである。

渡辺は天皇機関説を徹底的に弾圧した前任の真崎とはまったく人物の度量が異なっており、渡辺の自由主義的な発想や意見は、そもそも人文社会学的な教養に乏しい過激青年将校の憎悪を招いた。二・二六事件における渡辺の無残な殺害行為は、過激青年将校たちの「渡辺が我らが真崎大将を教育総監の地位から追い落とした」という勝手な思い込みから行われたという見方もある。(出典:山本夏彦の著作)

年譜

家庭が貧しかったために、小学校を中退している。

1894年12月 陸軍士官候補生
1895年7月 陸士入校(8期)
1896年11月 陸士卒
1897年6月 歩兵第19連隊付、少尉任官
1899年11月 中尉任官
1900年12月 陸軍大学校入校(17期)
1903年12月 陸大卒業、歩兵36連隊中隊長及び大尉任官
1904年7月より9月 日露戦役に出征、負傷
1904年10月 大本営参謀
1905年9月 元老山縣有朋の副官
1906年 清国出張
1907年 ドイツ駐在
1908年12月 少佐任官
1909年5月 ドイツ大使館付武官補佐官
1910年6月 参謀本部勤務
1910年11月 山縣元帥副官
1913年1月 中佐任官
1915年2月 歩兵3連隊付
1916年5月 参謀本部課長
1916年7月 大佐任官
1917年10月 オランダ公使館付武官
1920年8月 歩兵第29旅団長及び少将任官
1922年9月 参謀本部第4部長
1925年5月 陸軍大学校校長及び中将任官
1926年3月 第7師団長
1929年3月 航空本部
1930年6月 台湾軍司令官
1931年8月 軍事参議官兼航空本部長・大将任官
1935年7月 陸軍教育総監に就任
1936年2月26日 二・二六事件杉並区上荻窪の自邸で殺害される。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年3月9日 (月) 14:38。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。