近衛師団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:軍隊資料?

近衛師団(このえしだん)とは、日本陸軍に置かれた師団の一つ。

なお、イギリス陸軍等でも禁闕守護を任務とする師団を「近衛師団」と呼称する。日本以外の近衛師団については近衛兵を参照のこと。

時代により変遷があるが、近衛歩兵第一、第二、第三旅団が基幹となりその他騎兵砲兵工兵等各種兵科による部隊が置かれていた。

沿革

最初期

Template:日本陸軍? 江戸幕府を倒し、明治新政府が樹立された当初、明治政府は独自の軍隊を保有しておらず、軍事的に薩摩藩長州藩土佐藩に依存する脆弱な体制であった。

そのため1871年(明治4年)、明治政府は「天皇の警護」を名目に薩摩、長州、土佐の3藩から約1万人の献兵を受け、政府直属の軍隊である「御親兵」を創設した。この軍事力を背景に廃藩置県を断行した。

この御親兵は、1872年(明治5年)に近衛都督西郷隆盛を中心とした「近衛兵」として改組され、「天皇および皇居の守護」という任務が課せられた(この当時の近衛兵については近衛参照)。

1873年(明治6年)に徴兵令が制定され鎮台兵として配備されると、近衛兵は鎮台兵の軍事訓練も担うこととなった。

1891年(明治24年)、鎮台が廃止され、代って師団が編成されることとなり、山縣有朋によって近衛兵は近衛師団へ改称され、陸軍大臣管轄の下、平時は天皇や皇居の警護などに当たり、戦時には戦線に参加することとなった。

師団編成となった近衛師団は、数個近衛歩兵連隊を基幹として、それに騎兵・砲兵・工兵・輜重兵部隊などが統合されていた。その後、近衛師団は第二次世界大戦終結による陸軍の解散まで、天皇及び皇居の警護に当たりながら各地の戦いに参戦していった。

第二次世界大戦

1943年(昭和18年)6月1日に、スマトラ方面で作戦中の近衛師団は近衛第2師団に改称され、東京にあった留守近衛師団を基幹として近衛第1師団が編成される。更に、1944年(昭和19年)7月18日に近衛第3師団が編成される。終戦時の近衛第3師団は千葉県成東にあって連合軍関東上陸作戦に備えていた。また、近衛第2師団は第7方面軍第25軍隷下でスマトラ島メダンにあった。近衛第3師団と第2師団がそれぞれ作戦地に赴いていたため、本来の近衛兵としての任務は近衛第1師団が担当した。

1945年(昭和20年)8月10日未明にポツダム宣言受諾が決まり、それを天皇自ら国民にラジオ放送を通じて知らせることが決まった。8月15日未明に陸軍省軍務局軍務課課員らが近衛師団長へ決起を促すが、あくまで昭和天皇の思し召しに従い終戦を受け入れる決意の固い森赳師団長はこれを拒絶する。拒否された将校らは、森師団長及び第2総軍参謀白石通教中佐を殺害し、偽の師団長命令を出して上番中の守衛隊を欺いて玉音盤を奪おうとするが、東部軍や近衛連隊長の同調を得られず失敗する。間もなく東部軍司令官田中静壱大将がこの反乱を知り、反乱将校を制止するとともに憲兵隊に逮捕を命じる(宮城事件)。のちにこの事件は半藤一利(初発表時は諸事情により名義上大宅壮一の名で出版)により『日本のいちばん長い日』として小説化され、映画化も行われた。

ポツダム宣言受諾後、近衛連隊でも軍旗奉焼、復員が行われた。一部の将兵は禁衛府皇宮衛士総隊に移ったが、禁衛府解体に伴い完全に消滅した。

また、近衛師団司令部庁舎は現在、東京国立近代美術館工芸館となっている。 300px|right|thumb|旧近衛師団司令部(現[[東京国立近代美術館工芸館)]]

師団長

近衛師団長
代数補職日師団長名備考
1明治24年12月14日小松宮彰仁親王 
2明治28年1月28日北白川宮能久親王台湾征討を指揮する。戦病死。
3明治28年11月9日野津道貫 
4明治29年5月10日佐久間左馬太 
5明治29年10月14日黒木為楨 
6明治30年10月27日奥保鞏 
7明治31年1月14日長谷川好道 
8明治37年9月8日浅田信興 
9明治39年7月6日大島久直 
10明治41年12月21日上田有沢 
11明治44年9月6日閑院宮載仁親王 
12大正元年11月27日山根武亮 
13大正4年2月15日秋山好古 
14大正5年8月18日仁田原重行 
15大正6年8月6日由比光衛 
16大正7年8月9日久邇宮邦彦王 
17大正8年11月25日藤井幸槌 
18大正11年2月8日中島正武 
19大正12年8月6日森岡守成 
20大正14年5月1日田中国重 
21大正15年7月28日津野一輔 
22昭和3年2月28日長谷川直敏 
23昭和4年8月1日林銑十郎 
24昭和5年12月22日岡本連一郎 
25昭和7年2月29日鎌田弥彦 
26昭和8年8月1日朝香宮鳩彦王 
27昭和10年12月2日橋本虎之助二・二六事件では宮城警備を指揮する。
28昭和11年3月23日香月清司 
29昭和12年3月1日西尾寿造 
30昭和12年8月26日飯田貞固 
31昭和14年9月12日飯田祥二郎 
32昭和16年6月28日西村琢磨シンガポールの戦いを指揮する。
33昭和17年4月20日武藤章昭和18年6月1日近衛第2師団に改称
近衛第1師団長
代数補職日師団長名備考
1昭和18年6月10日豊島房太郎留守近衛師団長から転じる。
2昭和18年10月29日赤柴八重蔵 
3昭和20年4月7日森赳玉音放送盤を奪う反乱計画に反対して殺害される。
4昭和20年8月15日後藤光蔵師団の復員を指揮した後に初代禁衛府長官に転じる。
近衛第2師団長
代数補職日師団長名備考
1昭和18年6月1日武藤章 
2昭和19年10月5日久野村桃代 
近衛第3師団長
代数補職日師団長名備考
1昭和19年7月18日林芳太郎 
2昭和20年5月23日山崎清次 

近衛師団に属した軍人

  • 滋野清彦長州藩):日清戦争時、現役復帰して留守師団長を務めた。
  • 梅沢道治仙台藩):日露戦争では、近衛歩兵第4連隊長から近衛後備混成旅団長となり、沙河会戦で梅沢旅団の名を挙げる。
  • 森林太郎津和野藩):明治31年(1898年)10月-近衛師団軍医部長(陸軍一等軍医正)となる。
  • 土屋光春陸軍兵学校卒):明治時代に近衛歩兵第1旅団長。
  • 鮫島重雄:明治16年2月に近衛師団参謀。明治22年に近衛師団参謀。明治27年6月18日近衛師団参謀長(工兵大佐)。日清戦争中の師団参謀長。後に陸軍大将正三位勲一等功二級男爵。
  • 白川義則陸士旧1期):明治19年近衛工兵中隊(工兵科下士官)。明治35年2月に近衛師団参謀。後に陸軍大将勲一等功二級男爵。
  • 大谷喜久蔵(陸士旧2期):明治30年10月11日-明治31年近衛師団参謀長(大佐)。
  • 橘周太(陸士旧9期):明治21年(1888年)12月に近衛歩兵第4連隊附となる。明治28年(1895年)12月に近衛歩兵第4連隊中隊長となる。後に陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級を受け、軍神と称えられる。
  • 久松定謨(仏サンシール陸軍士官学校卒(旧11期相当)):明治24年12月に近衛歩兵第2連隊附(歩兵少尉)。明治28年1月近衛師団副官(中尉)。日清戦争に出征。明治30年12月近衛歩兵第2連隊中隊長(歩兵大尉)。大正3年5月11日に近衛歩兵第1連隊長。後に陸軍中将正二位勲一等伯爵。旧 伊予松山藩主。
  • 三井清一郎(陸士6期):明治30年代に近衛歩兵第1連隊中隊長に補せられる(陸軍歩兵大尉)。後に陸軍主計中将従三位勲一等功四級、貴族院議員
  • 真崎甚三郎(陸士9期):近衛歩兵第1連隊長。
  • 篠塚義男(陸士17期):1914年(大正3年)9月歩兵第1連隊中隊長(大尉)。
  • 東條英機(陸士17期):近衛歩兵第3連隊中隊長(大尉)経験あり。後に陸軍大将従二位勲一等功二級。
  • 前田利為(陸士17期):大正12年(1923年)年8月7日-近衛歩兵第4連隊大隊長、後年に近衛歩兵第2連隊長となる。加賀前田侯爵家当主。
  • 栗林忠道(陸士26期):昭和18年(1943年)6月-留守近衛第2師団長(陸軍中将)。
  • 李王垠(陸士29期):昭和14~15年(1939~1940年)に近衛歩兵第2旅団長。李王家当主。
  • 小畑信良(陸士30期):1940年(昭和15年)5月~1941年(昭和16年)に近衛輜重兵連隊長として、1942年(昭和17年)2月~1943年(昭和18年)に近衛師団参謀長として勤務。後に少将。
  • 西久保豊成(陸士33期):大正10年10月26日-近衛歩兵第3連隊附(陸軍歩兵少尉)。
  • 北白川宮永久王(陸士43期):昭和6年10月-近衛野砲兵連隊附(陸軍砲兵少尉)、昭和12年3月-近衛野砲兵連隊中隊長(陸軍砲兵大尉)。皇族。
  • 小泉親彦(東京帝大医学部卒):昭和7年(1932年)-近衛師団軍医部長(陸軍軍医監(少将相当官))。後に軍医中将となり厚生大臣となった。
  • 黒田長久(東京帝大理学部動物学科卒):第2次世界大戦中、近衛師団に属した。

最終所属部隊

特徴

  • 近衛師団は他の師団と異なり、特定の地域からの徴兵によるのではなく、全国からの徴兵から選抜された兵によって充足されていた。
  • 軍服にも特徴があり、正装が他の部隊と異なっているほか、軍帽の帽章が五芒星の周囲を桜葉が囲む意匠となっていた。
  • 東宮皇太子)は近衛歩兵第1連隊付となるのが通例で、嘉仁親王(後の大正天皇)・裕仁親王(後の昭和天皇)も近衛歩兵第1連隊付となった。

近衛師団の活躍

日露戦争中の明治37年(1904年)6月15日には、輸送されていた後備近衛歩兵第1連隊が玄界灘太平洋艦隊装甲巡洋艦3 隻の攻撃を受け、軍旗を奉焼し連隊長以下千余名が戦死する事件があった(常陸丸事件)。

太平洋戦争中は南方戦線で活躍し、昭和16年(1941年)12月8日から昭和17年(1942年)1月31日のマレー作戦には第25軍に属し、近衛歩兵第3連隊、同第4連隊、同第5連隊及び近衛捜索連隊等が加わった。また、同年のシンガポールの戦いでも活躍した。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月11日 (土) 04:16。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。