来栖三郎 (外交官)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

来栖 三郎(くるす さぶろう、1886年3月6日 - 1954年4月7日)は日本外交官。駐ドイツ特命全権大使、駐米特命全権大使等を歴任。

プロフィール

生い立ち

神奈川県横浜市生まれ。旧制横浜第一中学校(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)卒、1909年東京高等商業学校(現一橋大学)専攻部領事科卒。

外交官

1909年外交官及び領事官試験合格、1910年外務省入省。ハンブルク総領事等を経て、1932年外務省通商局長、1936年駐ベルギー特命全権大使、1939年駐ドイツ特命全権大使。

日独伊三国軍事同盟締結時の駐ドイツ大使として、日本代表として同同盟の調印式に出席した。その後、近衛文麿内閣では戦争回避のための日米交渉を担当する遣特命全権大使を拝命、異例の「第二の大使」としてワシントン入りし、野村吉三郎駐米大使を補佐するかたちで日米交渉にあたるが、この人事はかえってアメリカ側の不信を招くこととなり交渉は決裂、最後通牒を手渡し1941年12月7日に日米両国は戦争状態に突入した。

なお、アメリカ合衆国に対する宣戦布告が遅れ、国際的非難を浴びた事について、斎藤充功によると、来栖三郎特命全権大使らの新庄健吉の葬儀出席が原因と言う。葬儀はワシントン市内のバプテスト派教会で執り行われたが、この葬儀に磯田三郎駐米陸軍駐在武官以下陸軍将校はもとより、複数の大使館職員や来栖・野村両大使が参加しており、その葬儀は現地時間で午後から行われ、両大使らは葬儀が終ってから国務省に向ったと言う。

公職追放

翌1942年には、日米開戦に伴い2回に渡り運行された日米戦時交換船で帰国する。戦後はGHQにより公職追放される。1954年に死去した。

家族

来栖壮兵衛は元横浜ドック社長・元横浜商工会議所副会頭。アリスはアメリカ人。長男の来栖良は陸軍航空技術大尉、1944年2月17日に、福生飛行場で米艦載機迎撃のため急発進した三式戦のプロペラに接触し頭部を重創し、即死。死後、大尉から少佐に昇進している。他に、長女・ジェイ、次女・ピアをもうけた。

著作

  • 『泡沫の三十五年 日米交渉秘史』(中公文庫、2007年改版) ISBN 978-4-12-204823-2
    • 初版は文化書院、1948年刊。
  • 『日米外交秘話 わが外交史』(ゆまに書房、2002年) ISBN 4-8433-0684-3
    • 日本外交史人物叢書第18巻として刊行。初版は創元社、1952年刊。

関連項目

Template:Commons?




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月10日 (水) 10:48。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。