鳩山一郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:日本の内閣総理大臣?

鳩山 一郎(はとやま いちろう、1883年明治16年)1月1日 - 1959年昭和34年)3月7日)は、日本政治家弁護士。第52・53・54代内閣総理大臣正二位 大勲位

初代自民党総裁であり、日本国ソビエト社会主義共和国連邦との二国間の国交回復を成し遂げた内閣総理大臣でもある。

経歴

戦前の事績

戦前は立憲政友会の議員として活躍(ただし、一時期政友本党に参加していた時期がある)し、1930年、第58帝国議会のロンドン海軍軍縮条約の批准をめぐる論議では軍縮問題を内閣が云々することは天皇の統帥権の干犯に当たるとして濱口内閣を攻撃、濱口首相狙撃事件の遠因となった。統帥権干犯論は議会の軍に対するコントロールを弱めるものであった為、これを根拠として軍部が政府決定や方針を無視して暴走し始め、以後、政府はそれを止める手段を失うことになって行く。鳩山は対立する立憲民政党政府を苦しめることを企図したようだが、議員としては政争に明け暮れて大局を見失っていたことになる。また、この時期の政友会は田中義一鈴木喜三郎の下でリベラル派が屈服させられて右派・親軍派が主導的になっていったとする見解もあり、この説を採用するならば、義兄・鈴木の入党を田中に仲介したとされている鳩山が結果的にはこうした動きに加担してしまった事になる。この事は戦後になりGHQから「軍部の台頭に協力した軍国主義者」として追及され、公職追放の一因となった。

鳩山は犬養内閣から齋藤内閣にかけて文部大臣を務めたが、1932年に義兄の鈴木が犬養の後をうけて政友会総裁となると党内の実力者となった。1933年京都帝国大学滝川幸辰の学説・思想を非とするいわゆる滝川事件の際には、京大総長に対して滝川教授の免職を要求し、これが拒絶されると文官分限令によって一方的に滝川教授を休職処分にした。このことは戦後になって反対派の批判材料とされたが、立場上やむをえなかったという見方もある。

樺太工業から賄賂を受け取ったと政友会から攻撃された樺太工業問題の際には散々弁明したあげく「明鏡止水の心境で云々」と発言したところ、辞職の意思表示だと報道され、嫌気がさして辞職した。「明鏡止水」は流行語になった。 この事件は政友会の久原房之助による内閣攻撃の一環であり、枢密院平沼騏一郎が後ろで糸をひいていたという。

帝人事件では台湾銀行頭取にはたらきかけて11万株の帝人株を払い下げさせたといわれたが、そもそもこの疑獄事件は砂上の楼閣で、ここでも平沼騏一郎の画策があったとされている。

1936年の総選挙で総裁の鈴木が落選するという失態を演じると、鳩山は宮中に工作を行って鈴木を貴族院議員に勅選させ、これを根拠に鈴木の総裁居座りを実現させるが、党内から大きな顰蹙を買う。特に軍部と迎合しようとする多数派とは一線を画し、軍に近い中島知久平・前田米蔵・島田俊雄らと対立した。1939年の政友会分裂に対しては中島知久平を総裁に担いだ前田・島田ら親軍派の政友会革新同盟(革新派、中島派)に対し反中島という点で鳩山と一致した久原を担ぎ自由主義的な正統派(久原派)を結成したが、久原は中島・前田・島田ら以上の親軍派だったためやがて鳩山は久原とも対立した。1940年に鳩山は民政党総裁の町田忠治と極秘に正統派と民政党を合同させて新体制運動に対抗する相談を行っていたが、それを潰すために圧力をかけたのが久原であった。1943年の第81帝国議会では東條内閣による戦時刑事特別法改正案に反対し翼賛政治会を脱会した。

首相としての事績

Template:Main? 1946年の総選挙で自由党が第一党になると、鳩山総裁が首相の指名を待つばかりであったが、就任を目前にして戦前の統帥権問題を発生させたこと等をGHQが問題視したため、公職追放(1946年)となる(軍国主義台頭に協力したとの理由 ─ 統帥権滝川事件を参照のこと)。また追放解除を目前に脳梗塞で倒れた(1951年)。不運な状態が続いたことから世の同情を集めていた。貴族主義的でワンマンと呼ばれた吉田茂が不人気で政権を降りた後に首相を務め(1954-1956年)、鳩山ブームを起こした。

吉田のアメリカ中心の外交から転換し、懸案であった日ソ国交回復を成し遂げた。盟友で寝業師と言われた三木武吉の尽力により日本民主党自由党保守合同を成し遂げ、自民党を結成。これにより保守勢力と革新(この時点では社会主義)勢力を軸とした55年体制が確立された。

日本の独立確保という視点から再軍備を唱え、改憲を公約にしたが、与党で改憲に必要な三分の二議席には達しなかった。また、改憲を試みるために小選挙区制中心の選挙制度の導入を図ったが、野党からはもちろん、与党内からも選挙区割りが旧民主党系寄りという反対があり、「ゲリマンダーならぬハトマンダー」と批判され、実現には至らなかった。

逸話

thumb|right||300px|[[鳩山会館|音羽御殿の応接室に集まった自民党幹部
体が不自由だった鳩山(中央)は壮大な自邸を政治の場に活用し記者会見にも利用された。(1956年)]]

  • 文京区音羽の自邸、通称「音羽御殿」は、友人の建築家岡田信一郎の設計。現在は鳩山会館として一般に公開されている。
  • 文部大臣時代の1933年聾学校での手話教育を口話教育に転換させた。
  • 公職追放の一因になったのは、ヒトラー礼賛本とされた戦前の著作『世界の顔』であるが、特にファシズム礼賛という内容ではない。また実際には鳩山ではなく評論家の山浦貰一ゴーストライターとして執筆したとも言われている。戦時中は政党人として翼賛選挙に反対し、軽井沢で隠遁生活を送っていたとするが、特に東条と仲が悪かったために引っ込んだ訳でもない。
  • 教育者の家庭に育ち、政治家としてはアクの強さに欠ける面があったようだが、盟友の大野伴睦三木武吉らに支えられ、政党政治家として筋を通した。
  • お坊ちゃん育ちのせいか、時折気に入らない事があると同志や家族に向けて癇癪を起こす事があり、妻の薫に対しても暴力を振るう事があった。それに対して薫は「私を相手に暴力を振るう事があっても同志の方にそのような振舞いをしてはいけません」と言って夫を諭した。後に脳梗塞で倒れても以前の薫の教えを守っていたために同志達が離れる事も無く、以後鳩山は妻を非常に大切にするようになったのだと言う。
  • 1955年3月、東京でフリーメーソンの一員となった。
  • 大の甘党で赤飯に砂糖をかけて食べたという逸話がある。
  • バラの花を好み、総理在任中も休日には「とどろきばらえん」(東京都世田谷区)を訪れ、バラを鑑賞し、苗木を購入、自宅の庭に植えさせている。余生もバラ栽培に没頭した。
  • 孫である鳩山由紀夫に、愛人がいたことをテレビで暴露された。
  • クリスチャンであった。
  • 鳩山が結婚前に薫に宛てたラブレターは本にまとめられて『若き血の清く燃えて』(講談社、1996年)として刊行されている。

栄典

家族・親族

実家
自家

系譜

鳩山家

Template:familytree/start? Template:familytree? Template:familytree? Template:familytree? {{familytree|border=1| | | | | | | | |suz| | |}|-|+|yuk|suz=鈴木喜三郎|yuk=鳩山由紀夫}} Template:familytree? Template:familytree? {{familytree|border=1| | | | | |}|-|+|ich|)|nob|ich=鳩山一郎|nob= 信子(五女)}} {{familytree|border=1| | | | |har|!| |}|-|(| |}|-|v|yas||har=春子|yas=渡邉康雄}} Template:familytree? Template:familytree? Template:familytree? {{familytree|border=1| | | | | | | | | |}|-|-|mic|mic=鳩山道夫}} Template:familytree? Template:familytree/end?

箕作阮甫鳩山威一郎の項にも関連系図。

参考文献

  • 豊田穣『英才の家系 鳩山一郎と鳩山家の人々』(講談社文庫、1996年) ISBN 4062634473
  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 165-168頁
  • 神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜角川書店 2002年 45-60頁

関連項目

Template:Commons?

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月26日 (水) 09:38。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。