立憲政体の詔書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立憲政体の詔書(りっけんせいたいのしょうしょ)は、1875年(明治8年)4月14日明治天皇が発した詔書五箇条の御誓文の趣旨を拡充して、元老院大審院地方官会議を設置し、段階的に立憲政体を立てることを宣言した。元老院、大審院、地方官会議ヲ設置シ漸時立憲政体樹立ノ詔勅漸次立憲政体樹立の詔勅元老大審二院を置くの詔などとも呼ばれる。

沿革

1875年(明治8年)1月から2月にかけての大阪会議において、明治政府の大久保利通伊藤博文と、在野の木戸孝允板垣退助井上馨らとの間で合意が成立し、木戸・板垣の政府復帰と政治体制の改革が約束された。

同年3月、木戸・板垣は参議に復帰すると、大久保・伊藤とともに大阪会議の合意事項に基づいた政体改革案を作成し、太政大臣三条実美に提出した。そして、4月14日、この政体改革案を元にした文書が、明治天皇の詔書の形で発表された。この詔書が、立憲政体の詔書である。

なお、この詔書に表題はないが、法令全書の目次では「立憲政体の詔書」と名付けられている。

内容

以下、詔書の内容を引用する(原典は法令全書。旧字体・カタカナで句読点・濁点なし)。

Template:quotation?

現代語訳: Template:quotation?

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月22日 (水) 06:25。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。