立志社 (政治団体)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立志社(りっししゃ)は、自由民権運動の中心となった高知県政治団体1874年板垣退助片岡健吉植木枝盛林有造らにより設立された。人民主権・一院制議会・周到な人権保障など民主主義の理念に貫かれた立志社憲法見込案を発表するなど国会期成同盟の中心的役割を果たした。『海南新誌』『土陽雑誌』『土陽新聞』を発行し、また立志学舎で近代的な教育を行うなど民権思想の普及に努めた。1883年に解散。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年2月19日 (木) 12:18。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。