土肥原賢二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:基礎情報 軍人?

土肥原 賢二どいはら けんじ明治16年(1883年8月8日 - 昭和23年(1948年12月23日)は大日本帝国陸軍大将。謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作で暗躍。極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯となり死刑判決を受ける。1978年に靖国神社に合祀される。

生涯

出自

岡山県岡山市出身。青山小学校、仙台陸軍幼年学校陸軍中央幼年学校を経て、明治37年(1904年)10月に陸軍士官学校大正元年(1912年)11月に陸軍大学校卒業。

活動

大正元年(1912年)、陸軍大学校卒業と同時に、参謀本部中国課付大尉として北京板西機関で対中国工作を開始。板西機関長補佐官、天津特務機関長と出世。

昭和6年(1931年)夏、奉天特務機関長に就任。満州事変の際、奉天臨時市長となる。同年11月、甘粕正彦を使って清朝最期の皇帝溥儀を隠棲先の天津から脱出させるが、このとき諸外国にその事実が露顕した際には、溥儀もろともその乗船を沈没させる予定だったとも言われる。

その後、華北分離工作を推進し、土肥原・秦徳純協定を締結。この結果河北省冀東防共自治政府を成立させた。土肥原は、謀略をも辞さない強硬な対中政策の推進者として昇進を重ね、「満州のローレンス」と畏怖された。特務機関畑を中心に要職を歴任し、陸軍士官学校長も務めた。

戦犯

第二次世界大戦終結後、A級戦犯としてGHQに逮捕される。極東国際軍事裁判(東京裁判)においては、特に中国が強硬に極刑を主張した。最終的に死刑の判決が下され、巣鴨プリズン内で絞首刑が執行された。辞世の句は、

わが事もすべて了りぬいざさらば ここらでさらばいざ左様なら
天かけりのぼりゆくらん魂は 君が代千代に護るならべし
踏み出せば狭きも広く変わるなり 二河白道もかくやありなん

その後靖国神社殉国七士廟に祀られた。

人物

欧米からは、「東洋のロレンス」と呼ばれ、中国からは、「土匪原」と憎しみを込めて呼ばれ、蒋介石が独自に作成し連合軍に送ろうとしていた日本軍戦犯順位の資料で1番に上げられていたが、性格は温厚で、小事にこだわらず、私欲の無いお人好しだったと言われる。

20年余りを中国で勤務したため、中国語が堪能で知己も多くいたと言われる。満州事変の後、市長の居なくなった奉天(現在の瀋陽)の臨時市長となり、運営経費を個人名義で借り入れた事もあった(後にこの借金の返済を巡って苦労することとなり、本人を含む家族は、二間ほどの借家での非常に貧しい生活を強いられることとなる)。また、中国人の相談によく乗ったため、一部の中国人には慕われていた。そして、軍規には特に厳しく、「誠心を以って中国民衆に臨め」「中国民衆から徴発するな、部落を焼くな、女を犯すな」を末端まで徹底させた。そのため土肥原の部隊の後方には、難民が付き従っていたと言う。また得意とした謀略については、「謀略はテクニックでは無く、それはすべて『誠』の心で事にあたるべきである。小手先で相手を牛耳り、圧迫するのでは無く徹頭徹尾『誠』をもって赤心を人の腹中に置けば、結局は人と人とのつながりで、我が意は相手の心に響き、通じるものである」と言っていた。

その他

歌人佐伯裕子は孫である。

年譜




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月29日 (土) 09:33。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。