三・一五事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三・一五事件(さん・いちごじけん)は昭和初期における社会主義者、共産主義者への弾圧事件。

1928年(昭和3年)2月、第1回の普通選挙が実施されたが、社会主義的な政党の活動に危機感を抱いた政府(田中義一内閣)は、3月15日治安維持法違反容疑により全国で一斉検挙を行った。日本共産党(非合法)、労働農民党などの関係者約1600人が検挙された。

作家、小林多喜二は三・一五事件を題材に『一九二八年三月十五日』を発表する(『戦旗』1928年11・12月号、発売禁止)。特別高等警察による拷問の描写が特高の憤激を買った。(後年の虐殺事件へとつながる)

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年9月17日 (水) 16:07。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。