ゾルゲ事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゾルゲ事件(ゾルゲじけん)は、1941年9月から1942年4月にかけて山村八郎 (1949)、21頁。リヒャルト・ゾルゲを頂点とするソ連スパイ組織が日本国内で諜報活動および謀略活動を行っていたとして逮捕された事件。この組織の中には近衛内閣ブレーンとして活動した尾崎秀実もいた。

経緯

逮捕

太平洋戦争開戦直前の1941年9月から1942年4月にかけて、ゾルゲや尾崎らのグループはスパイ容疑で警視庁特高一課と同外事課によって逮捕された。軍事情報のスパイは陸軍の憲兵隊の管轄であるが、コミンテルンのスパイとして特別高等警察が取り扱ったゾルゲは実際にはコミンテルンではなく、労農赤軍参謀本部第4局に所属していた。。

まず1941年6月に日本共産党員であった伊藤律が逮捕され、アメリカ共産党員で当時日本に住んでいた北林トモの名を自供、警視庁は北林を9月28日に逮捕。さらに北林がアメリカ共産党の同志、宮城与徳の名を自供したことがきっかけとなったこの経緯は一般的に知られてきたものであるが、詳細については様々な説がある。特に伊藤律の関与については近年の研究の進展で、それ以前に特高警察が情報をつかんでいた可能性が高いとされている(渡部富哉(1993) などを参照)。10月10日に宮城が逮捕され、この際に行われた家宅捜査では数多くの証拠品が見つかり、事件の重要性が認識された。宮城宅を監視することによって10月13日には九津見房子、秋山幸治が逮捕された。宮城は取調べの際に自殺を図るが失敗、以後は陳述を始め、尾崎秀実やリヒャルト・ゾルゲなどがスパイであることが判明した。

捜査対象に外人がいることが判明したこの時点で、警視庁では特高第一課と外事課が協力を開始。捜査当局では尾崎とゾルゲらの外国人容疑者を同時に検挙しなければ外国人容疑者の国外逃亡や大使館への避難、あるいは自殺などが予想されるため、一斉検挙の承認を各方面に求めた。しかし、大審院検事局が日独の外交関係を考慮し、まず尾崎の検挙により確信を得てから外国人容疑者を検挙すべきである、と捜査当局の主張を認めなかった。このため、10月15日に尾崎の検挙が先行して行われ、10月18日外事課は検挙班を分けてゾルゲ、マックス・クラウゼンブランコ・ド・ヴーケリッチの3外国人容疑者を同時に検挙した。この際、クラウゼン宅からは証拠として無線機が発見されている山村八郎 (1949)、12-19頁。。

グループの逮捕後、尾崎の友人で衆議院議員かつ汪兆銘南京国民政府の顧問も勤める犬養健、同じく友人で近衛文麿内閣嘱託であった西園寺公一、ゾルゲの記者仲間でヴーケリッチのアヴァス通信社の同僚であったフランス人特派員のロベール・ギランなど、数百人の関係者も参考人として取調べを受けたが、ゾルゲが当時の同盟国であるドイツ人でありしかもオイゲン・オット大使と親しいことや、前年にイギリスのスパイの疑惑で逮捕されたイギリスのロイター通信社の特派員のM・J・コックスが、特高による取調べ中に飛び降り自殺したこともあり、特に外国人に対する取調べは慎重に行われたという。

ゾルゲの個人的な友人であり、ゾルゲにドイツ大使館付の私設情報官という地位まで与えていたオット大使は、ゾルゲが逮捕された直後から、友邦国民に対する不当逮捕だとして様々な外交ルートを使ってゾルゲを釈放するよう日本政府に対して強く求めていた。しかし、間もなく特別面会を許されたオットは、ゾルゲ本人からソ連のスパイであることを聞き知る。立場を失ったオットはその後大使を解任され、戦争終結まで北京で過ごした。

処刑

その後ゾルゲらは1942年国防保安法軍機保護法軍用資源秘密保護法治安維持法違反山村八郎 (1949)、23頁。などにより起訴され、一審によって刑が確定し、それぞれに1年半・執行猶予2年(西園寺)から死刑(ゾルゲ、尾崎)までの判決が言い渡された。ゾルゲや尾崎らは巣鴨拘置所に拘留され、日本、ドイツ両国の敗色が濃厚となってきた1944年11月7日のロシア革命記念日に死刑が執行された。

死刑が執行される直前の最後の言葉は、日本語で「これは私の最後の言葉です。ソビエト赤軍、国際共産主義万歳」と語ったと言われている。翌1945年1月にはヴーケリッチも北海道の網走刑務所で獄死したが、マックス・クラウゼンは戦後夫婦ともども連合軍によって釈放され、生きて故郷の東ドイツに戻ることができた。

関連書籍

ゾルゲに関するものはリヒャルト・ゾルゲおよびリヒャルト・ゾルゲを参照。

  • 山村八郎(中村絹次郎) 『ソ連はすべてを知つていた』 紅林社、1949年。
  • チャールズ・ウィロビー著、福田太郎訳 『赤色スパイ団の全貌 : ゾルゲ事件』 東西南北社刊、1953年。
  • みすず書房編集部編 『現代史資料 ゾルゲ事件』(全3巻)、みすず書房、1962年。
  • 尾崎秀実 『ゾルゲ事件 上申書』 岩波書店〈岩波現代文庫〉、2003年。ISBN 4006030754
  • 尾崎秀樹 『生きているユダ』 角川書店〈角川文庫〉。ISBN 4041390028
  • 渡部富哉 『偽りの烙印―伊藤律・スパイ説の崩壊』 五月書房、1993年。(1998年に新装版刊行)
  • 山崎淑子編 『ブランコ・ヴケリッチ 獄中からの手紙』 未知谷、2005年 ISBN 4896421205
  • 山崎洋編 『ブランコ・ヴケリッチ日本からの手紙―ポリティカ紙掲載記事(一九三三~一九四〇)』 未知谷、2007年。ISBN 4896422066
  • 片島紀男 『ゾルゲ事件・ヴケリッチの妻・淑子―愛は国境を越えて』 同時代社、2006年。ISBN 4886835945
  • 木下順二 『オットーと呼ばれる日本人―他一篇』 岩波書店〈岩波文庫〉、1982年。
    • 表題作は木下がこの事件を題材として書き下ろした戯曲

脚注

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月2日 (木) 06:44。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。