アーネスト・サトウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーネスト・サトウSir Ernest Mason Satow, 1843年6月30日 - 1929年8月26日)は、イギリス外交官。英国公使館通訳、駐日英国公使、駐清公使を務め、英国における日本学の基礎を築いた。日本名は佐藤 愛之助

生涯

1843年、ドイツ東部地方にルーツを持つソルブスウェーデン人を父、イギリス人を母(旧姓、メイソン)としてロンドンで生まれた。1861年イギリス外務省に入省、通訳見習として清国に赴き、1862年9月、英国駐日公使館の通訳見習として来日した。その直後の9月14日生麦事件が勃発した。当時、駐日総領事ラザフォード・オールコックは一時帰国していた。1863年には薩英戦争の現場に立会い、1864年には四国艦隊下関砲撃事件にも立ち会った。後に正規の通訳官及び書記官に昇進。駐日公使ハリー・パークス(在任、1865年-1882年)の下で活躍した。1883年まで日本に滞在した。

1884年-1887年シャム駐在総領事代理、1889年-1893年ウルグアイ駐在領事、1893年-1895年モロッコ駐在領事を経て、1895年7月28日、駐日特命全権公使として日本に戻った(1900年まで)。

1900年-1906年、駐清公使として北京に滞在、義和団事件の後始末を付け、日露戦争を見届けた。1906年、枢密院顧問官。1907年、第2回ハーグ平和会議に英国代表次席公使。引退後はイングランド南西部デヴォン州に隠居し、著述に従事。

英国大使館の桜並木は、サトウが植樹を始めたもの。「サトウ」という姓はスラヴ系の希少姓で、当時スウェーデン領生まれドイツ系人だった父の姓であり、もともと日本と関係はなかったが、親日家のサトウはこれに漢字を当てて「薩道」または「佐藤」という日本名を名乗った。本人も自らの姓が日本人に親しみやすいものだったため、大きなメリットになったと言っていたらしい。

「一外交官の見た明治維新」(下記参考)の著者としてアーネスト・サトウは現在日本で有名な人物ではあるが、それにとどまらず明治時代前期の外国人キー・パーソンと言っても過言ではない。司馬遼太郎ドナルド・キーンの対談『日本人と日本文化』(1984年4月、中公文庫)P174 によれば、サトウは、1866年(慶応2年)、週刊『ジャパン・タイムス』(横浜で発行)に一文を書いた。日本の将来についてのヴィジョンを述べたもので、これを、誰かが日本語に訳して、それを西郷隆盛らが読んで、「『英国策論』によると」と引いて日本の未来を語ったのだという。明治維新の原型になるような一文なのだという。日本滞在は1862年から1883年(一時帰国を含む)と、駐日公使としての1895年から1900年までの間を併せると、計25年間になる。

キリシタン版研究の先駆けとなって、研究書を刊行するなどし、のちの南蛮ブームに影響を与えた。

著書

  • 明治日本旅行案内 東京近郊編  庄田元男訳 平凡社東洋文庫 2008年
  • アーネスト・サトウ神道論  庄田元男編訳 平凡社東洋文庫 2006年 
  • 日本旅行日記 全2巻 庄田元男訳 平凡社東洋文庫 1992年
  • 明治日本旅行案内(上中下)(アーネスト・サトウ編、庄田元男訳、平凡社、1996年 ISBN 4582829015)
  • 一外交官の見た明治維新〈上下〉岩波文庫(アーネスト・サトウ著、坂田精一訳、ISBN 4003342518)
  • 『アーネスト・サトウ公使日記』(アーネスト・サトウ著、長岡祥三・福永郁雄訳、新人物往来社、第1巻1989年 ISBN 4404016662・第2巻1991年 ISBN 4404017944)
  • 翻刻版(英語) アーネスト・サトウ日本日記: 駐日公使時代1895-1900 全1巻(アーネスト・サトウ著作集別巻)(2003年、ISBN 4901481061、オンライン購入は現在[1]でしか買えない模様)
  • アーネスト・サトウ著作集 第1期:著作書籍集成 全12巻(ISBN 4-931444-06-7)
  • 復刻集成版「コレクション・ジャパノロジスト」第5回配本 アーネスト・サトウ著作集 第2期:新聞記事・雑誌論文集成全5巻 日本語別冊「英国策論」 付き(ISBN 4-931444-09-1)
  • The Correspondence of Sir Ernest Satow, British Minister in Japan(1895-1900), Volume One, from the Satow Papers held at The National Archives, Kew, London. published in full for researchers with notes by Ian Ruxton, Lulu Press Inc., July 2005. ISBN 1411638573
  • The Diaries of Sir Ernest Satow, British Envoy in Peking(1900-06) edited by Ian Ruxton in two volumes, Lulu Press Inc., April 2006 ISBN 141168804X(Volume One); ISBN 1411688058(Volume Two)
  • The Semi-Official Letters of British Envoy Sir Ernest Satow from Japan and China (1895-1906) edited by Ian Ruxton, Lulu Press Inc., April 2007 ISBN 9781430315025
  • Sir Ernest Satow's Private Letters to W.G. Aston and F.V. Dickins edited by Ian Ruxton with an introduction by Peter Kornicki, Lulu Press Inc, December 2007 ISBN 9781435710009 (プレビュー

参考文献

  • イアン・C・ラックストン編『アーネスト・サトウの生涯 その日記と手紙より』長岡祥三, 関口英男訳, 雄松堂出版, 2003年. ISBN 484190316X
  • 萩原延壽 『遠い崖―サトウ日記抄』全14巻, 朝日新聞社.のち朝日文庫、2008年 ISBN 4022573139など

   サトウの1861年から1883年までの日本滞在期の大作評伝  大佛次郎賞受賞

  • 『図説アーネスト・サトウ 幕末維新のイギリス外交官』 横浜開港資料館編, 有隣堂, 2001年. ISBN 489660170X
  • 『アーネスト・サトウ伝』  B・M・アレン/庄田元男訳 平凡社東洋文庫648 1999年
  • 『Y.アーネスト・サトウ写真集』 講談社 1998年  サトウ自身による撮影
  • Nozomu Hayashi & Peter Kornicki (ed.), Early Japanese books in Cambridge University Library. A catalogue of the Aston, Satow, and von Siebold collections(ピーター・コーニッキー, 林望共編『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録 アストン・サトウ・シーボルト・コレクション』), University of Cambridge Oriental publications No. 40, Cambridge University Press, 1991. ISBN 0521364965
  • 『アーネスト・サトウ公使日記 1 コンパクト版』―明治28年7月28日明治30年12月31日 (1) アーネスト・サトウ著, 長岡 祥三訳, 単行本, 374ページ, 新人物往来社 ,(2008/09), ISBN-10 4404035268 , ISBN-13 978-4404035264
  • 『アーネスト・サトウ公使日記 2 コンパクト版』―明治31年1月1日明治33年5 月4日 (2) アーネスト・サトウ著, 長岡 祥三訳, 福永 郁雄, 単行本, 462ページ,新人物往来社, (2008/09) ,ISBN-10 4404035276 , ISBN-13 978-4404035271

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_22008年11月8日 (土) 07:16。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。