最高戦争指導会議


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最高戦争指導会議(さいこうせんそうしどうかいぎ)とは、1944年8月より小磯内閣により大本営政府連絡会議を改称して開催された会議。

構成員

開催記録

設立までの経緯

旧憲法下においては、政府軍部が独立して天皇に仕える形となっていた。両者を調整する期間として大本営政府連絡会議1937年近衛文麿によって設立されたが、統帥権の独立を主張する軍部はこの会議において政府から統帥に口出しすることを拒否してきた。 戦局が悪化する中で両者の緊密な協力が必要となり、小磯内閣は大本営連絡会議を改称する形でこの会議を設立した。

関連項目



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年8月17日 (日) 21:15 。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。