第1次伊藤内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{Infobox |tnavbar = 日本の内閣記事 |above = 第1次伊藤内閣 |label1 = 内閣総理大臣 |data1 = 初代 伊藤博文 |label2 = 成立年月日 |data2 = Template:和暦?12月22日 |label3 = 終了年月日 |data3 = Template:和暦?4月30日 |label4 = 与党等 |data4 = 藩閥内閣 |label5 = 施行した選挙 |data5 = なし(帝国議会未設置) |label6 = 衆議院解散 |data6 = なし(帝国議会未設置) |below = 内閣閣僚名簿(首相官邸) }}

第1次伊藤内閣(だい1じ いとう ないかく)は、参議伊藤博文が初代内閣総理大臣に任命され、Template:和暦?12月22日からTemplate:和暦?4月30日まで続いた日本の内閣。在任期間は、861日間。

太政官達第69号により太政官制を廃止し、代わりに創設された内閣制に基づいて成立した日本最初の内閣である。内閣制の発足と同時にその運営について規定した内閣職権が制定された。

概要

来るべき、立憲体制に備えた国家機構の確立を目指した。いわゆる藩閥出身者が殆どを占め、長州藩薩摩藩出身者が各4名ずつ入閣させる(ただし、薩摩閥の中核と見られていた黒田清隆は当初入閣せず)などのバランス重視型の布陣となった。

陸軍ドイツ式組織への改革や帝国大学令小学校令などの制定に代表される教育改革、市町村制の確立などが行われ、伊藤自身も井上毅金子堅太郎伊東巳代治憲法草案を作成するなど、立憲体制への準備が着々と進められた。

だが、伊藤の盟友である井上馨外務大臣が進めた条約改正案にあった「外国人裁判官」制度と鹿鳴館に代表される欧化政策が内外の反感を買い、自由民権派による三大事件建白書大同団結運動、保守中正派(天皇親政派)と見られた谷干城農商務大臣の辞任を招くなど、政府批判が一気に高まった(「明治20年の危機」)。そこで伊藤はやむなく井上を辞任させて、政敵と言える大隈重信と黒田清隆をそれぞれ外務大臣・農商務大臣として入閣させ、保安条例を制定して自由民権派の弾圧に乗り出したが、憲法・皇室典範の制定事業に専念するために、総理大臣を辞して新設の枢密院議長に転じた。

国務大臣

職名 氏名 出身 就任日 退任日 備考
内閣総理大臣 1 伊藤博文 長州藩伯爵 Template:和暦?12月22日 Template:和暦?4月30日
外務大臣 1 井上馨 長州藩・伯爵 1885年(明治18年)12月22日 1887}}9月17日
- 伊藤博文 長州藩・伯爵 1887年(明治20年)9月17日 1888}}2月1日 臨時代理
2 大隈重信 肥前藩・伯爵 1888年(明治21年)2月1日 1888年(明治21年)4月30日
内務大臣 1 山縣有朋 長州藩・伯爵・陸軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
大蔵大臣 1 松方正義 薩摩藩・伯爵 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
陸軍大臣 1 大山巖 薩摩藩・伯爵・陸軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
海軍大臣 1 西郷従道 薩摩藩・伯爵・陸軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
司法大臣 1 山田顕義 長州藩・伯爵・陸軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
文部大臣 1 森有礼 薩摩藩 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日
農商務大臣 1 谷干城 土佐藩子爵・陸軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1886年(明治19年)3月16日
- 西郷従道 薩摩藩・伯爵・陸軍中将 1886年(明治19年)3月16日 1886年(明治19年)7月10日 臨時代理
- 山縣有朋 長州藩・伯爵・陸軍中将 1886年(明治19年)7月10日 1887年(明治20年)7月26日 臨時代理
2 土方久元 土佐藩・子爵 1887年(明治20年)7月26日 1887年(明治20年)9月17日
3 黒田清隆 薩摩藩・伯爵・陸軍中将 1887年(明治20年)9月17日 1888年(明治21年)4月30日
逓信大臣 1 榎本武揚 幕臣海軍中将 1885年(明治18年)12月22日 1888年(明治21年)4月30日

その他の人事

職名 氏名 出身 就任日 退任日 備考
内閣書記官長 1 田中光顕 土佐藩・陸軍少将    Template:和暦?12月22日 Template:和暦?4月30日
法制局長官 - 未設置
1 山尾庸三 長州藩 1885年(明治18年)12月23日 1888年(明治21年)2月7日
2 井上毅 肥後藩 1888年(明治21年)2月7日 1888年(明治21年)4月30日     

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年1月3日 (土) 16:41。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。