第2次伊藤内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい2じ いとう ないかく|5|伊藤博文|Template:和暦?|8月31日|Template:和暦?|9月18日|藩閥内閣 |第3回衆議院議員総選挙
第4回衆議院議員総選挙|Template:和暦?12月30日
Template:和暦?6月2日|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/05.html|前職 = 前枢密院議長}}

伊藤はTemplate:和暦?8月31日に首相を辞任し、同年9月18日に松方正義が組閣するまで、黒田清隆枢密院議長が内閣総理大臣を臨時兼務した。

概要

前首相の松方正義が自らの閣僚にも見放されて内閣を放り出すという事態は、Template:和暦?8月2日に大命を受けた伊藤にも今後の政権運営に不安を抱かせた。そこで伊藤は主だった元勲の入閣を条件に組閣を行うことを表明、黒田清隆・山縣有朋の両首相経験者の入閣を得て組閣を終えた。このため、「元勲内閣」と称された。なお、同年11月27日に伊藤が乗っていた人力車馬車と衝突して大破し、転落した伊藤が重傷を負ったために井上馨内務大臣が臨時首相代理を翌年2月7日まで務めるという交通事故が起きている。

民党との「政費節減」・「海軍予算」を巡る攻防では、明治天皇よりの「和衷協同詔勅内廷費300万円と官吏の俸禄1割削減を条件に妥協を成立させて予算案を通過させ、続いて条約改正交渉末期に差し掛かって民党(立憲改進党)や右翼(国民協会大日本協会など)の間で高まる対外硬派の動きに対しては2度の衆議院解散をもって対抗して、日英通商航海条約締結による治外法権の撤廃に成功する。

その直後に朝鮮半島で起きた起きた東学党の乱への軍事介入を機に日清戦争が始まると、広島大本営帝国議会を移して戦時体制を確立し、日本を勝利に導いて清国下関条約を締結した。この内閣の長期政権化にはこの戦争での勝利の影響が大きい。

だが三国干渉、続く乙未事変露館播遷によって日本の朝鮮半島への影響力はむしろ低下し、戦時中の政府と民党の協調関係は次第に崩れていった。そこで1896年、航海奨励法造船奨励法を定めた。また、伊藤は超然主義を放棄して自由党総裁板垣退助内務大臣として入閣させて、同党の与党化を図る。続いて前総理・松方正義と進歩党党首の大隈重信の入閣を計画するが、これに大隈にライバル意識を抱く板垣と超然主義を固守する山縣が反発、これを見た伊藤はこれ以上の政権維持は困難であるとみて辞表を提出したのである。

国務大臣

第2次伊藤内閣 1892年(明治25年)
8月8日
同年
8月15日
同年
9月29日
1893年(明治26年)
3月7日
同年
3月11日
同年
3月16日
1894年(明治27年)
1月22日
同年
8月29日
同年
10月3日
内閣総理大臣 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文
外務大臣 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光
内務大臣 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨 井上馨
大蔵大臣 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武
陸軍大臣 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖
海軍大臣 仁禮景範 仁禮景範 仁禮景範 仁禮景範 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道
司法大臣 山縣有朋 山縣有朋 山縣有朋 山縣有朋 伊藤博文
(臨時兼務)
芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正
文部大臣 河野敏鎌 河野敏鎌 河野敏鎌 井上毅 井上毅 井上毅 井上毅 芳川顯正
(臨時兼務)
西園寺公望
農商務大臣 後藤象二郎 後藤象二郎 後藤象二郎 後藤象二郎 後藤象二郎 後藤象二郎 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚
逓信大臣 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆
内閣書記官長 伊東巳代治
(兼務)
伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治
法制局長官     末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄


第2次伊藤内閣
(つづき)
1894年(明治27年)
10月15日
1895年(明治28年)
3月17日
同年
8月27日
同年
10月9日
1896年(明治29年)
2月3日
同年
4月2日
同年
4月14日
同年
5月30日
同年
8月31日
内閣総理大臣 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文 黒田清隆
(臨時兼務)
外務大臣 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 陸奥宗光 西園寺公望
(兼務)
西園寺公望
(兼務)
内務大臣 野村靖 野村靖 野村靖 野村靖 芳川顯正
(兼務)
芳川顯正
(兼務)
板垣退助 板垣退助 板垣退助
大蔵大臣 渡邊國武 松方正義 渡邊國武
(兼務)
渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武
陸軍大臣 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖 大山巖
海軍大臣 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道 西郷從道
司法大臣 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正 芳川顯正
文部大臣 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望
農商務大臣 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚 榎本武揚
逓信大臣 黒田清隆 渡邊國武 渡邊國武 白根專一 白根專一 白根專一 白根專一 白根專一 白根專一
拓殖務大臣
(1896年(明治29年)4月1日
拓殖務省設置)
          高島鞆之助 高島鞆之助 高島鞆之助 高島鞆之助
班列   黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆 黒田清隆
内閣書記官長 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治 伊東巳代治
法制局長官 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:09。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。