第2次山縣内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい2じ やまがた ないかく|9|山縣有朋|Template:和暦?|11月8日|Template:和暦?|10月19日|藩閥内閣官僚内閣|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/09.html|貴族院議員元老}}

概要

憲政党分裂騒動によって前内閣が倒れると、Template:和暦?11月5日に山縣が大命降下を受けて、自派の藩閥官僚を中心とした組閣を行った。当初、地租増徴を実現させるために憲政党(自由派)と連携して地租増徴や日本興業銀行法を実現させた。だが、その後、同党からの入閣の約束を一方的に反故にして、文官任用令改正を行い、続いて文官分限令文官懲戒令治安警察法の制定、軍部大臣現役武官制の導入などで、政党を政府から排して超然主義による国家運営を目指した。だが、これによって衆議院を敵に回した山縣の政権運営は次第に困難になり、北清事変後に憲政党が解党して伊藤博文らと立憲政友会を結成すると、政友会潰しを策して伊藤博文を後継に推して辞任した。

国務大臣

第2次山縣内閣 1898年(明治31年)
11月8日
内閣総理大臣 山縣有朋
外務大臣 青木周藏
内務大臣 西郷從道
大蔵大臣 松方正義
陸軍大臣 桂太郎
海軍大臣 山本權兵衞
司法大臣 清浦奎吾
文部大臣 樺山資紀
農商務大臣 曾禰荒助
逓信大臣 芳川顯正
内閣書記官長 安廣伴一郎
法制局長官 平田東助

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:11。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。