第4次伊藤内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい4じ いとう ないかく|10|伊藤博文|Template:和暦?|10月19日|Template:和暦?|6月2日|立憲政友会|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/10.html|立憲政友会総裁・元老}}

概要

これまでの3度の伊藤内閣と異なり、伊藤系官僚と旧憲政党によって結成された立憲政友会を与党とする事実上の政党内閣である。Template:和暦?10月1日に同党が結成されると、前首相山縣有朋が結党直後の同党を揺さぶるために総裁に就任した伊藤に強引に政権を押し付ける形で成立した。外務大臣軍部大臣以外は全員が政友会に入党していた。だが、山縣は陸軍貴族院を利用して政友会攻撃を行い、明治天皇詔書によって漸く事態を収拾した。加えて政友会の実力者であった逓信大臣星亨汚職で辞職に追い込まれると、未だに融和が進んでいなかった伊藤系官僚と旧憲政党系の意見対立が露呈する。一方、政友会内部では鉄道の新規着工を要求する予算を求める声が上がり、それを新しい逓信大臣であった原敬が必死に押止めていたが、そんな折に渡辺国武大蔵大臣が「公債に依存した事業の全停止」提案した。当時、鉄道敷設法によって鉄道建設は鉄道公債の発行によって全て賄うこととされており、この提案は新規どころか既存の鉄道工事も全て停止すると言っているのにも等しかった。これに激怒した原や他の閣僚達の抗議を受けた渡辺が孤立するに至って伊藤は辞任を表明、Template:和暦?5月10日から班列であった西園寺公望枢密院議長が臨時首相を務めた。

国務大臣

第4次伊藤内閣 1900年(明治33年)
10月19日
同年
10月24日
同年
10月27日
同年
12月22日
同年
12月23日
1901年(明治34年)
5月10日
同年
5月14日
内閣総理大臣 伊藤博文 伊藤博文 伊藤博文西園寺公望が1900年(明治33年)12月12日まで臨時代理。 伊藤博文 伊藤博文 西園寺公望
(臨時兼務)
西園寺公望
(臨時兼務)
外務大臣 加藤高明 加藤高明 加藤高明 加藤高明 加藤高明 加藤高明 加藤高明
内務大臣 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄 末松謙澄
大蔵大臣 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 渡邊國武 西園寺公望
(臨時兼務)
陸軍大臣 桂太郎 桂太郎 桂太郎 桂太郎 兒玉源太郎
(兼務)
兒玉源太郎
(兼務)
兒玉源太郎
(兼務)
海軍大臣 山本權兵衞 山本權兵衞 山本權兵衞 山本權兵衞 山本權兵衞 山本權兵衞 山本權兵衞
司法大臣 金子堅太郎 金子堅太郎 金子堅太郎 金子堅太郎 金子堅太郎 金子堅太郎 金子堅太郎
文部大臣 松田正久 松田正久 松田正久 松田正久 松田正久 松田正久 松田正久
農商務大臣 林有造 林有造 林有造 林有造 林有造 林有造 林有造
逓信大臣 星亨 星亨 星亨1900年(明治33年)12月21日まで。 原敬 原敬 原敬 原敬
班列     西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望 西園寺公望
内閣書記官長 鮫島武之助 鮫島武之助 鮫島武之助 鮫島武之助 鮫島武之助 鮫島武之助 鮫島武之助
法制局長官 平田東助 奥田義人 奥田義人 奥田義人 奥田義人 奥田義人 奥田義人

脚注

Template:脚注ヘルプ? Template:reflist?

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:15。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。