森有礼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{政治家 |各国語表記 = もり ありのり |画像 = Arinori Mori 2.jpg |画像説明 = 森 有礼 |国略称 = Template:JPN? |生年月日 = 1847年8月23日
弘化4年7月13日) |出生地 = 薩摩国鹿児島 |没年月日 = Template:死亡年月日と没年齢? |死没地 = 東京府 |出身校 = 藩校造士館、藩洋学校開成所 |所属政党 = |称号・勲章 = 正二位
子爵 |配偶者 = 常(静岡事件犯人・広瀬重雄の親族)、</br>寛子(岩倉具視五女、有馬頼萬先妻) |サイン = |ウェブサイト = |サイトタイトル = |国旗 = 日本 |職名 = 第2代文部大臣 |内閣 = 黒田内閣 |選挙区 = |当選回数 = |就任日 = 1888年4月30日 |退任日 = 1889年2月12日 |退任理由 = |元首職 = |元首 =

|国旗2 = 日本 |職名2 = 初代文部大臣 |内閣2 = 第1次伊藤内閣 |選挙区2 = |当選回数2 = |就任日2 = 1885年12月22日 |退任日2 = 1888年4月30日 |退任理由2 = |元首職2 = |元首2 = |国旗3 = 日本 |職名3 = 外務大輔 |内閣3 = |選挙区3 = |当選回数3 = |就任日3 = |退任日3 = |退任理由3 = |元首職3 = |元首3 = |}}

森 有礼(もり ありのり、正字体:森有禮、1847年8月23日弘化4年7月13日) - 1889年明治22年)2月12日)は、日本の武士薩摩藩士・政治家である。初代の文部大臣、明治の六大教育家子爵通称は助五郎、金之丞。

経歴・人物

1847年(弘化4年)、薩摩国鹿児島城下春日小路町で薩摩藩士森喜右衛門有恕の五男として生まれた。兄に横山安武がいる。1865年慶応元年)、五代友厚らとともにイギリスに留学し、その後アメリカにも留学する。このとき、キリスト教に深い関心を示した。明治維新後に帰国すると福澤諭吉西周西村茂樹中村正直加藤弘之津田真道らと共に明六社を結成する。

1875年(明治8年)、東京銀座尾張町に私塾商法講習所一橋大学の前身)を開設。

1885年(明治18年)、第一次伊藤博文内閣の下で文部大臣に就任し、以後、日本における教育政策に携わる。「良妻賢母教育」こそ国是とすべきであると声明。翌年それに基づく「生徒教導方要項」を全国の女学校と高等女学校に配る。

1886年(明治19年)には、学位令を発令し、日本における学位として大博士と博士の二等を定めた他、様々な学校制度の整備に邁進し、近代国家としての教育制度の確立に尽力した。しかし1889年(明治22年)の大日本帝国憲法発布式典の当日、国粋主義者・西野文太郎により暗殺されてしまった。43歳没。

当時の新聞が、ある大臣が伊勢神宮を訪れた際、社殿にあった御簾をステッキでどけて中を覗いたと報じ(伊勢神宮不敬事件)問題となった。この「大臣」とは森のことではないのかと、急進的な洋化主義者であった森は人々から疑いの目が向けられる事となった。この事件は事実かどうかは定かではないが、この一件は森が暗殺される要因の一つになった。

英語の国語化を提唱したことでも有名。仏文学者・哲学者の森有正(1911-1976)は、有礼の孫にあたる。

また急進的な考えを持っていたので大衆とのギャップが出来てしまい、国民から揶揄され「明六の幽霊(有礼)」と呼ばれた。

扱われた作品

関連事項

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月23日 (火) 08:57。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。