皇民化教育


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皇民化教育(こうみんかきょういく)は大日本帝国の支配地域において、その主権者とされた天皇を中心として大日本帝国への忠誠を要求した教化政策とされる。日本民族への教化政策であると同時に、版図内の諸民族(朝鮮人台湾人南洋群島島民など外地の住民や大東亜戦争時の占領地である東南アジアの先住諸民族、また稀に蝦夷琉球など内地に住むものもこの範疇にいれる場合がある)に対して行われた強制的な同化教化政策とも言われている。皇民化政策とも言う。

具体的内容とされるもの

観点

批判(否定)派

  • 徴兵植民地支配強化を目的とした政策である。
  • 皇民化教育は特に外地や占領地域においてそれぞれの民族伝統文化を無視し、ときには破壊した。民族浄化政策として自覚的に行われたと疑う論調もある。この時代の教育の影響で、民族語を持てず、民族的文化的アイデンティティーが危うくなるなどの後遺症に苦しむ人もいる。
  • 「日本人と対等に扱う政策であった」との擁護論があるが、日本人化するという発想自体が日本人を優位と見るものであり、差別の証拠である。

肯定派

  • 国家に役立つ人材を輩出するために行われた。
  • 現在の価値観からは非難されるが、当時としては同化政策によって国民統合を図るのは普通のことであった。
  • 当時の西洋列強が行っていた、植民地支配と現地住民に対する扱いとは違い、皇民化政策は思想と言語統一によって他民族を日本人化することで、日本人と植民地住民を対等に扱おうとするものであった。現に一視同仁をスローガンにしていた。これは、当時の日本が構想した大東亜共栄圏に繋がる思想である。

戦後の政策への影響

第二次世界大戦終了後日本を占領したGHQは、国家のための自己犠牲を奨励していた皇民化教育が軍国主義国家形成に果たした役割が大きかったと考え、教育改革に乗り出した。教育勅語が教育現場から排除され、教育の基本法として教育基本法が制定された。ただ、標準語の推進は以後も積極的に推し進めた。

(その後の教育政策については教育基本法を参照)。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月15日 (土) 22:46。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。