社会大衆党


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社会大衆党(しゃかいたいしゅうとう)

  1. 1932年結成の日本無産政党。本項目で解説。
  2. 1950年結成の沖縄県の革新系地域政党。⇒沖縄社会大衆党を参照。
  3. 1960年結成の韓国の革新政党。⇒社会大衆党 (韓国)を参照。

社会大衆党(しゃかいたいしゅうとう)は、昭和時代戦前期の日本に存在した無産政党。結党は1932年。略称は社大党

戦前の無産政党は長く離合集散を繰り返していたが、1931年7月に労働者農民党全国大衆党社会民衆党合同賛成派が合同し、全国労農大衆党が結成された。これがきっかけとなり、さらに1932年7月に全国労農大衆党と社会民衆党が合同して、社会大衆党が結成された(安部磯雄委員長・麻生久書記長)。 こうして、無産政党の統一が実現した。

しかし、社会大衆党は軍部新官僚に迎合・接近していく。親軍路線を主導したのは、麻生久を中心とする旧日本労農党系のグループであった。麻生は1934年「戦いは文化の母である」と主張する「陸軍パンフレット」を「広義国防論」(戦争協力とひきかえに国民の社会権の保障を求める主張)の観点から支持。1937年、社会大衆党は総選挙で37名当選の成果を得たが、同年の日中戦争勃発を受けて、「国体の本義」を支持する新綱領を制定。その後も軍部との関係を強化し、1940年7月に自発的解散の形をとって消滅、大政翼賛会に合流した。第二次世界大戦後の日本社会党の源流の一つとなり、戦前に社大党選出の代議士であった三輪寿壮河上丈太郎西尾末広浅沼稲次郎が戦後には社会党幹部となるなど、人脈的にも強くつながっている。

なお、2008年現在、沖縄に存在する地域政党沖縄社会大衆党もしばしば「社大党」と略されるが、本項目の社会大衆党とは全く関係がない。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月8日 (土) 14:10。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。