農民労働党


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

農民労働党(のうみんろうどうとう)は大正末期の日本初の無産政党

1925年6月、第1回普通選挙第16回総選挙)にさきがけて、労働農民運動を支持基盤とする社会主義勢力が単一の無産政党結成を目指し、日本農民組合(略称日農、組合長杉山元治郎)から労働団体政党樹立の協力要請が行われたが、その結成準備の段階で日本労働総同盟(略称総同盟右派、戦後の日本労働組合総同盟は後身)と日本労働組合評議会(略称評議会左派1925年5月総同盟より分離、三・一五事件で解散)の対立が絶えず、双方を除外して日本農民組合を中心にして同年12月浅沼稲次郎書記長にようやく結成した。しかし日本共産党との繋がりを詰問され、第1次若槻内閣により、治安警察法で即日解散・結社禁止を命じられた。

関連項目



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年3月7日 (金) 15:33。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。