日本労農党


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本労農党にほんろうのうとう、日本勞農黨、1926年 - 1928年)は昭和初期の中間派無産政党

1926年12月労働農民党を離党した中間派が中心となり結成。書記長三輪寿壮、幹部に麻生久浅沼稲次郎ら。日本労働組合同盟全日本農民組合(全日農)を基盤に、対華不干渉・電灯料金減額などの現実的政策を掲げ、1928年第1回普通選挙第16回総選挙)で2議席を得たが成果は挙がらなかった。1928年12月諸派7党を合同して日本大衆党へ発展し、1930年7月全国大衆党1931年7月労農党と合同して全国労農大衆党となった。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年3月7日 (金) 15:09。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。