第2次桂内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい2じ かつら ないかく|13|桂太郎|Template:和暦?|7月14日|Template:和暦?|8月30日|官僚内閣|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/13.html|陸軍大将軍事参議官}}

概要

第2次桂内閣は、1908年(明治41年)7月12日大命降下を受けた桂が、首相と大蔵大臣を兼務して発足する。戊申詔書による風紀引き締めと同時に社会主義運動を弾圧、大逆事件(幸徳事件)の摘発や南北朝正閏問題への介入、出版物の取締強化を行った。また、徹底した緊縮財政とともに地方改良運動を起こして地方の立て直しを図った。外交面では韓国併合を実現し、関税自主権の回復による条約改正の終了などが日本の国際的地位向上に尽くした。大逆事件に対する責任追及が上がると、立憲政友会との「情意投合」を宣言して、秘かに西園寺公望への再度の政権譲渡を約束した。

条約改正の終了を機に西園寺への政権譲渡を決断し、内閣総辞職した。

国務大臣

1908年(明治41年)8月27日 - 1911年(明治44年)8月30日 小村壽太郎(侯爵)

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:23。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。