第1次山本内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい1じ やまもと ないかく|16|山本権兵衛|Template:和暦?|2月20日|Template:和暦?|4月16日|立憲政友会|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/16.html|海軍大将}}

概要

第一次護憲運動によって第3次桂内閣が倒れたのに伴い発足した。山本権兵衛は薩摩藩出身ではあったものの内実は政党内閣に近いものであり、これ以後日本の政治は藩閥政治から政党政治へと移ってゆく。

シーメンス事件の影響により総辞職。

閣僚

木越安綱(1913年(大正2年)2月20日 - 同年6月24日)
楠瀬幸彦(1913年(大正2年)6月24日 - 1914年(大正3年)4月16日)
松田正久(1913年(大正2年)2月20日 - 同年11月11日)
奥田義人(1913年(大正2年)11月11日 - 1914年(大正3年)4月16日)
奥田義人(1913年(大正2年)2月20日 - 1914年(大正3年)3月6日)
大岡育造(1914年(大正3年)3月6日 - 同年4月16日)
岡野敬次郎(1913年(大正2年)2月20日 - 同年9月20日)
倉富勇三郎(1913年(大正2年)9月20日 - 1914年(大正3年)4月16日)

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:26。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。