原内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|はら ないかく|19|原敬|Template:和暦?|9月20日|Template:和暦?|11月13日|立憲政友会|第14回衆議院議員総選挙|1920年(大正9年)2月26日|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/19.html|立憲政友会総裁・衆議院議員}}陸軍大臣海軍大臣外務大臣を除く、すべての大臣立憲政友会の党員を起用したことから、日本初の本格的政党内閣と言われる。

高等教育の拡充、産業の拡充、鉄道網の拡充、国防の拡充の「四大政綱」を重要な政策課題と位置付けた。

閣僚

  • 内閣総理大臣 
原敬(1918年(大正7年)9月20日 - 1921年(大正10年)11月4日)
内田康哉首相死去により、内田康哉外務大臣が臨時兼任。(1921年(大正10年)11月4日 - 同年11月13日)
田中義一(1918年(大正7年)9月20日 - 1921年(大正10年)6月9日)
山梨半造(1921年(大正10年)6月9日 - 同年11月13日)
原敬(兼任)(1918年(大正7年)9月20日 - 1920年(大正9年)5月15日)
大木遠吉(1920年(大正9年)5月15日 - 1921年(大正10年)11月13日)

参政官

1920年(大正5年)5月15日廃止

脚注

Template:脚注ヘルプ? Template:reflist?

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:28。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。