福岡連隊差別事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福岡連隊差別事件(ふくおかれんたいさべつじけん)とは、1926年に起こった旧日本軍福岡連隊における差別事件である。

事件の流れ

水平社幹部だった井元麟之が入隊後、被差別部落出身の同僚から差別の報告を受け、軍当局に抗議。軍側は一度は講演会開催を約束するも、これを中止。同時期に、軍は宿泊予定地に入っていた部落への入営を拒否。これによって水平社と軍は決裂。軍は水平社が連隊の爆破、襲撃を画策しているとの事件を警察と協力して捏造。これに抗議して、岐阜連隊入営中の北原泰作1927年天皇閲兵の際に直訴。これらの事件の結果、陸軍は融和読本を編集して将兵に勉学させる事とした。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年1月24日 (土) 18:23。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。