翼賛議員同盟


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翼賛議員同盟(よくさんぎいんどうめい)は、昭和時代に存在した衆議院院内会派1941年9月2日1942年5月19日)。

概説

1940年大政翼賛会の結成によって既成の政党は全て解党され、12月20日には翼賛会の下に衆議院統一会派である衆議院倶楽部(435名)が結成されたが、一部右翼からの「大政翼賛会違憲論」に押されて、翌1941年に近衛文麿首相が大政翼賛会を政事結社ではなく公事結社であるとして、一切の政治活動を禁じたられたために衆議院倶楽部は解散を余儀なくされ、全ての衆議院議員無所属議員となってしまったために、衆議院は大混乱に陥った。

一方、近衛側近の前司法大臣風見章は元鉄道大臣前田米蔵と図って、貴族院議員である近衛首相を長とする貴族院・衆議院合同の会派結成を模索する。ところが、長年政党を嫌悪してきた貴族院の華族議員がこれに反発したために失敗に終わった。このため、前田は自主的な形で院内会派を結成することとして、1941年9月2日に衆議院議員326名で翼賛議員同盟を結成し、前田米蔵・永井柳太郎大麻唯男ら7名を総務に選出した。だが、この動きに反対する鳩山一郎芦田均片山哲尾崎行雄らは同交会西尾末広松本治一郎水谷長三郎江藤源九郎らは興亜議員同盟を結成してこれに対抗した。

1942年の第21回衆議院議員総選挙においては、翼賛政治体制協議会の中核となって機能したが、選挙後に東條英機首相の意向を受けて、5月20日に解散して他の院内団体を強制的に統合した翼賛政治会を結成した。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年7月10日 (木) 15:42。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。