清浦内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|きようら ないかく|23|清浦奎吾|Template:和暦?|1月7日|同年|6月11日|官僚貴族院。|第15回衆議院議員総選挙|1924年(大正13年)1月31日
懲罰解散|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/23.html|枢密院議長}}

清浦は枢密院議長から出て組閣し、政党から閣僚を入れることなく、貴族院を背景にした超然主義を貫いた。立憲政友会憲政会革新倶楽部護憲三派が起こした第二次護憲運動により、わずか5ヶ月で総辞職となった。与党は立憲政友会を脱党した政友本党である。

閣僚

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:40 。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。