加藤高明内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|かとうたかあき ないかく|24|加藤高明|Template:和暦?|6月11日|Template:和暦?|1月28日|護憲三派憲政会立憲政友会革新倶楽部)|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/24.html|貴族院議員立憲政友会総裁}}前の清浦内閣第二次護憲運動により倒れた後を引き継いだ。

概要

加藤高明内閣は、憲政会立憲政友会革新倶楽部による護憲三派連立内閣である。しかし、組閣から1年余が経過した1925年(大正14年)8月2日以後、憲政会単独内閣となる。この憲政会単独内閣を組織した際に、摂政裕仁親王(後の昭和天皇)から改めて大命降下を受けて組閣しているため、この時点で内閣は一旦総辞職したものと見なして、同日以後を第2次内閣とする説もあるが、現在の内閣府の公式見解ではこの日以後も第2次内閣として見ず、あくまでも内閣改造と解して1内閣であるとしているだが、後に第2次近衛内閣松岡洋右外相を更迭したことに関しては、内閣総辞職して第3次近衛内閣として各々1内閣と解しており、明らかに一貫性を欠く。新内閣の組織は、主権者の意思によるものであり、戦前は「大命降下」、戦後は「内閣総辞職」か「総選挙による新しい国会(実質衆議院)構成」の後に行われる。戦前は時折、この内閣総辞職にあたる全閣僚の辞表を取りまとめての提出がされており、しかしその都度受理されずに却下させることも多かった。加藤高明内閣においては、支持基盤の瓦解が理由であり、一旦はその後継の検討がなされ、大命が再降下されている事からも、別の新しい第二次内閣とした方が合理的であるが、大命再降下の後に辞表の差し戻しをしており、親任式も交替した3閣僚しか行われていない。教科書や歴史関連の専門書に第二次内閣扱いをしたものは多かったが、あくまで手続き的には内閣改造にあたると考えて問題はない。よく近衛内閣の第二次と第三次の違いと比較されるが、この際は辞表差し戻しが行われておらず、再度の首相拝命扱いとなっているので、事務的には明らかに違いが生じる。。

普通選挙法は成立したが、治安維持法も同時に制定された。ソビエト連邦との国交樹立、労働争議調整法の制定、宇垣軍縮の断行などの業績があげられるが、貴族院改革では、帝国学士院選出議員の設置と有爵議員の定数の僅かな削減に留まった。また、前述の宇垣軍縮による陸軍の軍縮を進める一方陸軍現役将校学校配属令、学校教練も創設された。両税委譲に加藤が反対したことに革新倶楽部を統合した政友会が不満を抱き、護憲三派は崩壊する。

憲政会単独内閣となって以後は、野党であった政友本党の取り込みで対抗しようとしたが、その是非を巡って同党が内紛を起こしたために失敗した。

1926年(大正15年)1月28日に加藤が死去したため総辞職。次の内閣発足まで内務大臣若槻禮次郎が首相を臨時兼任し、後に若槻内閣が成立する。

閣僚

政務次官

1924年(大正13年)8月12日新設。

脚注

Template:脚注ヘルプ? Template:reflist?

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月22日 (土) 07:36。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。