安重根


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:朝鮮の事物?

安重根アン・ジュングン1879年9月2日 - 1910年3月26日)は朝鮮の民族主義運動家。両班の家庭に生まれた。伊藤博文の暗殺者として有名。キリスト教徒であり、洗礼名はトマス。日本語読みは「あん じゅうこん」。

事績

1905年以降、大韓帝国に於ける日本の影響力が増したことに憤激し、抗日義兵闘争を組織。亡命を繰り返す。1909年10月26日哈爾浜駅の構内にて、韓国統監府初代統監(暗殺当時枢密院議長)伊藤博文暗殺した。伊藤は満州朝鮮問題についてロシア蔵相ココフツォフと会談するためハルビンに赴いていた。旅順の関東都督府地方院で死刑判決を受け、旅順刑務所で絞首刑に処せられた。

彼の決意の堅さを表すものとして、同志と共に薬指を切り、その血をもって国旗に大韓独立の文字を書いたという断指同盟の逸話が伝わっている。

獄中で安の取調べを行った日本人警視からの勧めで自伝「安応七歴史」を著した。

安重根の評価

安重根への評価は日本の植民地支配及び彼の闘争行為を肯定するか否かで分かれる。

大韓民国 (韓国)

現在の韓国では「抗日闘争の英雄」として評価され、「義士」と呼ばれており、暗殺者(テロリスト)であるものの、安を単なる殺人犯とする評価はまれである。またソウル特別市には安重根の偉業を伝える「安重根記念館」なるものもある。なお、暗殺行為を除いた人間安重根については、高潔であったとの評価が韓国では定着しているが、東学党の弾圧等の悪政にかかわっているという見方もある。

朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮)

一方北朝鮮では救国の意志は認めるのの、安の「暗殺」手段は評価しない。「併合に対して消極的であった伊藤博文を暗殺の対象に選んだ」ためである。教科書では金日成の反面教師のように扱われる。

  • 参考:映画『安重根が伊藤博文を撃つ』1979年 北朝鮮

日本

安重根は暗殺者であるが、その暗殺に意味を付加しうるかどうかは伊藤博文の政治業績をどう評価するかの思想的立場で評価が変わる。

テロリスト説 伊藤博文は韓国併合の反対者であったことが有名だが、そこから「伊藤博文が朝鮮の独立をのぞんでいた」と見る立場からは、「伊藤博文暗殺こそが韓国併合を実現させた、あるいは実現を早めた」として、彼を「先の見えないテロリストである」と評する。

  • 義士説

1905年第二次日韓協約(乙巳保護条約)を結び、日本は韓国から外交権を奪って事実上の保護国とした。統監府が漢城に設け、初代韓国統監には伊藤博文が就任した。韓国支配の象徴的存在であった伊藤博文の暗殺は、民族の独立を願う志士の純粋な行動として、幕末の攘夷志士につながるところがあり、安重根の裁判を担当した日本の検事から「韓国のため実に忠君愛国の士」と感嘆の声があがるほどであった。ただし、明治時代の日本人は、立場が違っても、相手を忠義の志と見れば、一定の敬意を払うことがめずらしくなかった。そうした敬意は、時流を見誤った愚かな行為という判断と必ずしも矛盾しない。

  • 人身御供説

伊藤博文の随行員として事件現場にいた外交官出身の貴族院議員である室田義文が、

1.伊藤博文に命中した弾丸はカービン銃のものと証言しているのに、安重根が持っていたのは拳銃である。

2.弾丸は伊藤博文の右上方から左下方へ向けて当たったと証言している。

ことなどから、伊藤博文に命中した弾丸は安重根の拳銃から発射されたものではない、という説が根強くある。この説では、安重根は、事件の真相を闇に葬るための人身御供とされる。

孝明天皇

後に裁判での陳述において、伊藤博文暗殺の理由の一つとして、孝明天皇を暗殺したことを挙げている。しかしながら、伊藤の孝明天皇暗殺説に根拠はなく、単なる言い訳として用いたと考える方が正確であろう。

安重根を描いた作品

  • 安重根(韓碩青 著 金容権 訳 発行1997.12)
    • 第一部:生成篇ISBN 4-87893-289-9
    • 第二部:超人篇ISBN 4-87893-290-2

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月20日 (土) 10:46。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。