第1次近衛内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい1じ このえ ないかく|34|近衛文麿|Template:和暦?|6月4日|Template:和暦?|1月5日|挙国一致内閣。貴族院・官僚が中心。|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/34.html|貴族院議長}}Template:和暦?1月4日に総辞職し、次の平沼内閣発足まで、職務を執行した。

概要

第1次近衛内閣は、元老西園寺公望の奏薦を受けて、公爵貴族院議長近衛文麿に大命降下され、組閣した内閣である。内閣発足の1ヶ月後に勃発した日中戦争支那事変)については、当初、不拡大方針を閣議決定して、事態の早期収束を図った。しかし、軍部強硬派の圧力により戦争は拡大。和平交渉にも失敗して、翌1938年(昭和13年)1月には、「爾後国民政府を対手とせず」という、いわゆる「近衛声明」(第一次近衛声明)を発表した。また、同年4月には国家総動員法を制定して戦時体制を整えた。同年11月には「東亜新秩序建設」を戦争目的と規定する声明(東亜新秩序声明、第二次近衛声明)を発表し、同年12月には親日派の汪兆銘重慶脱出を受けて「近衛三原則」(善隣友好、共同防共、経済提携)を日中和平の基本方針として呼びかける声明(第三次近衛声明)を発表した。1939年(昭和14年)1月に、内閣総辞職。

閣僚

thumb|right|200px|近衛文麿首相。後方左は[[米内光政海相。]]

公爵近衛文麿(貴族院所属:火曜会):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
広田弘毅(貴族院所属):1937年(昭和12年)6月4日 - 1938年(昭和13年)5月26日
宇垣一成(予備役陸軍大将):1938年(昭和13年)5月26日 - 1938年(昭和13年)9月30日
公爵近衛文麿(首相兼任・貴族院所属:火曜会):1938年(昭和13年)9月30日 - 1938年(昭和13年)10月29日
有田八郎:1938年(昭和13年)10月29日 - 1939年(昭和14年)1月5日
馬場鍈一(貴族院所属:昭和研究会):1937年(昭和12年)6月4日 - 同年12月14日
末次信正(予備役海軍大将):1937年(昭和12年)12月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
賀屋興宣:1937年(昭和12年)6月4日 - 1938年(昭和13年)5月26日
池田成彬(民間:三井財閥総帥):1938年(昭和13年)5月26日 - 1939年(昭和14年)1月5日
杉山元(軍人:陸軍大将)(林内閣から留任):1937年(昭和12年)6月4日 - 1938年(昭和13年)6月3日
板垣征四郎(軍人:陸軍中将):1938年(昭和13年)6月3日 - 1939年(昭和14年)1月5日
米内光政(軍人:海軍大将)(林内閣から留任):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
塩野季彦(官僚:司法省)(林内閣から留任):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
安井英二(官僚:内務省):1937年(昭和12年)6月4日 - 同年10月22日
侯爵木戸幸一(貴族院所属:火曜会):1937年(昭和12年)10月22日 - 1938年(昭和13年)5月26日
男爵荒木貞夫(予備役陸軍大将):1938年(昭和13年)5月26日 - 1939年(昭和14年)1月5日
伯爵有馬頼寧(貴族院所属:昭和研究会):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
吉野信次:1937年(昭和12年)6月4日 - 1938年(昭和13年)5月26日
池田成彬(蔵相兼任・民間:三井財閥総帥):1938年(昭和13年)5月26日 - 1939年(昭和14年)1月5日
永井柳太郎立憲民政党):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
中島知久平政友会):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
大谷尊由(貴族院所属:昭和研究会):1937年(昭和12年)6月4日 - 1938年(昭和13年)6月25日
宇垣一成(外相兼任・予備役陸軍大将):1938年(昭和13年)6月25日 - 1938年(昭和13年)9月30日
公爵近衛文麿(首相兼任・貴族院所属:火曜会):1938年(昭和13年)9月30日 - 1938年(昭和13年)10月29日
八田嘉明(貴族院所属:昭和研究会):1938年(昭和13年)10月29日 - 1939年(昭和14年)1月5日
男爵木戸幸一(文相兼任・貴族院所属:火曜会):1938年(昭和13年)1月11日 - 1939年(昭和14年)1月5日
風見章衆議院議員):1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日
瀧正雄衆議院議員):1937年(昭和12年)6月4日 - 同年10月25日
船田中衆議院議員):1937年(昭和12年)10月25日 - 1939年(昭和14年)1月5日

政務次官

Template:節stub?

関連項目

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:45。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。