第2次近衛内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい2じ このえ ないかく|38|近衛文麿|Template:和暦?|7月22日|Template:和暦?|7月18日|大政翼賛会など。|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/38.html|公爵貴族院議員・元首相|画像=

|画像説明=第2次近衛内閣の閣僚。近衛文麿首相と国務大臣ら。}}

概要

第2次近衛内閣は、米内内閣のあとを受けて、新体制運動の主導者であった元首相・貴族院議員の近衛文麿が組閣した内閣である。組閣直後の1940年(昭和15年)7月26日、「大東亜新秩序建設」(大東亜共栄圏)を国是とし、国防国家の完成を目指すことなどを決めた「基本国策要綱」を閣議決定する。同年9月27日には日独伊三国軍事同盟を締結し、同年10月12日に新体制運動の指導的組織となる大政翼賛会を結成。翌1941年(昭和16年)4月13日には日ソ中立条約を締結した。同年7月18日に、改組のため内閣総辞職。

閣僚

公爵近衛文麿(貴族院所属:火曜会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
松岡洋右(官僚:外務省政友会→満鉄総裁):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
安井英二(官僚:内務省→貴族院所属):1940年(昭和15年)7月22日 - 同年12月21日
平沼騏一郎:1940年(昭和15年)12月21日 - 1941年(昭和16年)7月18日
河田烈(貴族院所属:公正会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
東條英機(軍人:陸軍中将):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
吉田善吾(軍人:海軍中将)(米内内閣から留任):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)9月15日
及川古志郎(軍人:海軍大将):1940年(昭和15年)9月15日 - 1941年(昭和16年)7月18日
風見章(衆議院議員):1940年(昭和15年)1月15日 - 同年12月21日
柳川平助(予備役陸軍中将):1940年(昭和15年)12月21日 - 1941年(昭和16年)7月18日
橋田邦彦:1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
公爵近衛文麿(首相兼任・貴族院所属:火曜会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1940年(昭和15年)7月24日
石黒忠篤(官僚:農林省):1940年(昭和15年)7月24日 - 1941年(昭和16年)6月11日
井野碩哉:1941年(昭和16年)6月11日 - 1941年(昭和16年)7月18日
小林一三(民間・阪急電鉄オーナー):1940年(昭和15年)1月15日 - 1941年(昭和16年)4月4日
豊田貞次郎(予備役海軍大将):1941年(昭和16年)4月4日 - 1941年(昭和16年)7月18日
村田省蔵(貴族院所属:同和会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
村田省蔵(逓信相兼任・貴族院所属:同和会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1940年(昭和15年)9月28日
小川郷太郎(衆議院議員):1940年(昭和15年)9月28日 - 1941年(昭和16年)7月18日
松岡洋右(外相兼任・官僚:外務省政友会→満鉄総裁):1940年(昭和15年)7月22日 - 1940年(昭和15年)9月28日
秋田清(衆議院議員):1940年(昭和15年)9月28日 - 1941年(昭和16年)7月18日
安井英二(内務相兼任・官僚:内務省→貴族院所属):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)9月28日
金光庸夫(衆議院議員):1940年(昭和15年)9月28日 - 1941年(昭和16年)7月18日
平沼騏一郎:1940年(昭和15年)12月6日 - 1940年(昭和15年)12月21日
星野直樹(官僚:大蔵省):1940年(昭和15年)12月6日 - 1941年(昭和16年)4月4日
小倉正恒(貴族院所属:昭和研究会):1941年(昭和16年)4月2日 - 1941年(昭和16年)7月18日
鈴木貞一(予備役陸軍中将):1941年(昭和16年)4月2日 - 1941年(昭和16年)7月18日
星野直樹(官僚:大蔵省):1940年(昭和15年)12月6日 - 1941年(昭和16年)4月4日
鈴木貞一(予備役陸軍中将):1941年(昭和16年)4月4日 - 1941年(昭和16年)7月18日
富田健治:1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日
村瀬直養(貴族院所属:昭和研究会):1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日

政務次官

設置されず(小磯内閣で復活するまで置かれなかった)

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月18日 (火) 02:01。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。