小磯内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|こいそ ないかく|41|小磯國昭|Template:和暦?|7月22日|Template:和暦?|4月7日|翼賛政治会など。|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/41.html|予備役陸軍大将朝鮮総督|画像=

|画像説明=小磯内閣の閣僚。
最前列右端が米内海相、その左隣が小磯首相。}}1945年(昭和20年)4月5日に内閣総辞職し、次の鈴木貫太郎内閣成立までの間、職務を執行した。

概要

前の東條内閣は、政策・軍事指導の両面に行き詰まっていたため、重臣たちが倒閣に動き、渋る東條英機首相を説得してようやく降ろすことに成功した。しかし、その後任として適当な人物はなかなか見出せず、結局、朝鮮総督小磯國昭が大命降下を受け、小磯内閣が組閣された。昭和天皇は、久しく中央政官界から離れており、国内にさしたる政治基盤を持たない小磯の指導力不足を懸念し、新内閣は小磯と米内光政元首相の連立内閣という形式を取らせることにした。このため、米内は現役に復帰し、副首相格の海軍大臣に就任した。

小磯本人は、大命降下当時、予備役陸軍大将であったため、現役に復帰した上で、陸軍大臣を兼任し、強力なイニシアティブを取って、軍部を抑えようと目論んだ。しかし、前の首相とともに陸相も兼ねていた東條が、陸相留任を望んだため交渉は難航し、妥協策として東條の推す杉山元が陸相に就任した。また、帝国議会において翼賛政治会の支持を得るため、第2次近衛内閣以来設置が見送られていた政務次官参与官が復活した。

このような数々の困難を抱えて発足した内閣であったため、組閣の時点で先が見えていた内閣と言える。何をするにも動きが遅く効率が悪いため、「木炭自動車」と揶揄された。ついには、1945年(昭和20年)3月に米軍の沖縄上陸を許し、同月には中国国民党政府(重慶国民政府)との和平工作(繆斌工作)に失敗したため、内閣総辞職に至った。

閣僚

小磯國昭(予備役陸軍大将[陸士12期]):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
重光葵(官僚:外務省)(東條内閣から留任):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
大達茂雄(官僚:内務省):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
石渡荘太郎(貴族院所属:研究会)(東條内閣から留任):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)2月21日
津島寿一(官僚:大蔵省):1945年(昭和20年)2月21日 - 1945年(昭和20年)4月7日
杉山元(軍人:陸軍大将・元帥[陸士12期]):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
米内光政(軍人:海軍大将[海兵29期]):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
松阪廣政(官僚:司法省):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
二宮治重(予備役陸軍中将[陸士12期]):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)2月10日
伯爵児玉秀雄(貴族院所属:研究会):1945年(昭和20年)2月10日 - 1945年(昭和20年)4月7日
廣瀬久忠(貴族院所属:研究会):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)2月10日
相川勝六(官僚:厚生省):1945年(昭和20年)2月10日 - 1945年(昭和20年)4月7日
重光葵(外相兼任):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
島田俊雄(衆議院:翼賛政治会):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
藤原銀次郎(民間・投資家・王子製紙社長) :1944年(昭和19年)7月22日 - 1944年(昭和19年)12月19日
吉田茂(官僚:内務省):1944年(昭和19年)12月19日 - 1945年(昭和20年)4月7日
前田米藏(衆議院:翼賛政治会):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
町田忠治(衆議院:翼賛政治会):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
  • 国務大臣
伯爵児玉秀雄(貴族院所属:研究会) - 文相に転じる:1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)2月10日
廣瀬久忠(貴族院所属:研究会) - 厚相から転じる:1945年(昭和20年)2月10日 - 1945年(昭和20年)2月21日
石渡荘太郎(貴族院所属:研究会) - 蔵相から転じる:1945年(昭和20年)2月21日 - 1945年(昭和20年)4月7日
  • 国務大臣
緒方竹虎(民間・元朝日新聞社副社長):1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
  • 国務大臣
小林躋造(予備役海軍大将[海兵26期]・貴族院所属:翼賛政治会総裁):1944年(昭和19年)12月19日 - 1945年(昭和20年)3月1日
三浦一雄(法制局長官兼任・官僚:農商務省):1944年(昭和19年)7月22日 - 1944年(昭和19年)7月29日
田中武雄(官僚:拓務省):1944年(昭和19年)7月29日 - 1945年(昭和20年)2月10日
廣瀬久忠(国務相兼任・貴族院所属:研究会):1945年(昭和20年)2月10日 - 1945年(昭和20年)2月21日
石渡荘太郎(国務相兼任・貴族院所属:研究会):1945年(昭和20年)2月21日 - 1945年(昭和20年)4月7日
三浦一雄:1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日

政務次官

Template:節stub?

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月22日 (土) 07:35。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。