幣原内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|しではら ないかく|44|幣原喜重郎|Template:和暦?|10月9日|Template:和暦?|5月22日}}公職追放によりTemplate:和暦?1月13日に一部の閣僚が入れ替えられた。

公職追放前

1945年昭和20年)10月9日 - 1946年(昭和21年)1月13日

閣僚

  • 内閣総理大臣
男爵幣原喜重郎貴族院同和会日本進歩党
吉田茂官僚:外務省
堀切善次郎(貴族院研究会
子爵渋沢敬三(貴族院研究会)
下村定(軍人:陸軍
1945年10月9日 - 同12月1日
1945年12月1日、陸軍省廃止。
幣原喜重郎(兼任)
1945年12月1日 - 昭和21年1月13日
1945年12月1日、陸軍省残務処理のため設置。
米内光政(軍人:海軍
1945年10月9日 - 同12月1日
1945年12月1日、海軍省廃止。
幣原喜重郎(兼任)
1945年12月1日 - 1946年1月13日
1945年12月1日、海軍省残務処理のため設置。
岩田宙造(貴族院同和会)
前田多門(貴族院同成会
芦田均衆議院日本自由党)
松村謙三(衆議院日本進歩党)
小笠原三九郎(衆議院日本進歩党)
田中武雄(衆議院日本進歩党)
小林一三(貴族院無所属倶楽部)
1945年11月5日 - 1946年1月13日
1945年11月5日、戦災処理のため新設。
次田大三郎(貴族院同成会)
  • 国務大臣(憲法問題調査委員会代表兼任)
松本烝治(貴族院無所属倶楽部)
楢橋渡衆議院無所属)
三好重夫

政務次官

Template:節stub?

公職追放後

1946年(昭和21年)1月13日 - 同5月22日

閣僚

  • 内閣総理大臣
男爵幣原喜重郎(日本進歩党)
  • 外務大臣(留任)
吉田茂(官僚:外務省)
  • 内務大臣
三土忠造(貴族院研究会)
  • 大蔵大臣(留任)
子爵渋沢敬三(貴族院研究会)
  • 第一復員大臣
幣原喜重郎(兼任)
  • 第二復員大臣
幣原喜重郎(兼任)
  • 司法大臣(留任)
岩田宙造(貴族院同和会)
  • 文部大臣
安倍能成(貴族院同成会)
  • 厚生大臣(留任)
芦田均(衆議院日本自由党)
  • 農林大臣
副島千八(民間・証券取引所)
  • 商工大臣(留任)
小笠原三九郎(衆議院日本進歩党)
  • 運輸大臣
三土忠造(兼任)
1946年1月13日 - 同1月26日
村上義一(官僚:鉄道院・日本通運株式会社社長)
1946年1月26日 - 同5月22日
  • 戦災復興院総裁・国務大臣(留任)
小林一三(貴族院無所属倶楽部)
1946年1月13日 - 同3月9日
  • 内閣書記官長・国務大臣
楢橋渡(衆議院無所属)
1946年2月26日より国務大臣兼任。
  • 国務大臣(憲法問題調査委員会代表兼任・留任)
松本烝治(貴族院無所属倶楽部)
  • 国務大臣(無任所・留任)
次田大三郎(貴族院同成会)
  • 国務大臣(法制局長官兼任→無任所)
石黒武重
1946年2月26日 - 同5月22日
  • 法制局長官
石黒武重(官僚:農林省
1946年1月13日 - 同3月19日
1946年2月26日より国務大臣兼任。
入江俊郎(貴族院同和会)
1946年3月19日 - 同5月22日
  • 内閣副書記官長
欠員
1946年1月13日 - 同3月2日
木内四郎
1946年3月2日 - 同5月22日

政務次官

stub

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月7日 (火) 19:10。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。