何応欽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何応欽(かおうきん、1890年4月2日 - 1987年9月21日)は中華民国軍人。字は敬之。

貴州省興義に生まれる。

貴州陸軍小学・武昌陸軍中学を卒業した後、1908年、日本に留学し陸軍士官学校に22期生として入学。同期に牟田口廉也鈴木貞一相沢三郎がいる。ちなみに蒋介石は前年に陸軍士官学校に21期生として入学している。1909年中国同盟会に加盟。1916年に帰国し、貴州第一師歩兵第四団団長・貴州陸軍混成旅旅長などを務めた。

1924年孫文広東軍政府に参加。軍校教練部主任・大本営軍事参謀。国民革命軍第一軍軍長に任命される。1926年北伐参加。国民革命軍東路総指揮・参謀長など歴任。「蒋介石の片腕」と評される存在になる。1927年南京国民政府が成立すると、第一路軍総指揮、翌年には総司令部参謀長となった。1933年北平に赴任し、国民党軍事委員会北平分会会長に任ぜられ塘沽協定1935年には梅津・何応欽協定を結ぶ。日中戦争時は、第四戦区司令長官・軍政部長・参謀総長等を務めた。

1945年、支那派遣軍総司令官岡村寧次が降伏文書に調印し、中国代表の何応欽に呈示。その後は国防部長・行政院院長を務めるが、1949年国共内戦に敗れ蒋介石らとともに台湾へ脱出。渡台後は、総統府戦略顧問委員会主任委員・台湾紅十字総会会長・中日文経協会会長等を歴任した。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年5月12日 (月) 23:33。










    






   

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。