岩倉使節団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

thumb|350px|左から[[木戸孝允山口尚芳岩倉具視伊藤博文大久保利通]]

岩倉使節団(いわくらしせつだん)とは明治4年11月12日1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日まで、日本からアメリカ合衆国ヨーロッパ諸国に派遣された使節団である。岩倉具視を正使とし、政府のトップや留学生を含む総勢107名で構成された。

概要

明治4年(1871年)に横浜港を船で出発し、サンフランシスコに上陸。アメリカ大陸を横断しワシントンD.C.を訪問した後、ヨーロッパへ渡り各国を訪問した。ヨーロッパでの訪問国は、イギリスフランスベルギーオランダドイツロシアデンマークスウェーデンオーストリアイタリアスイスの12カ国に上る。帰途はアジア各国への訪問も行われたがこれはヨーロッパでの滞在に比べれば短いものであった。日本に帰国したのは出発から2年後の明治6年(1873年)である。留守政府では朝鮮出兵を巡る征韓論が争われ、使節の帰国後に明治6年の政変に至る。

元々大隈重信の発案による小規模な使節団を派遣する予定であったが、政治的思惑などから大規模なものとなる。政府のトップが長期間政府を離れ外遊するというのは異例であるが、直に西洋文明や思想に触れたという経験が彼らに与えた影響は評価される。留学生も帰国後に政治、経済、教育、文化など様々な分野で活躍し、日本の文明開化に大きく貢献した。しかし一方では権限を越えて条約改正交渉を行おうとしたことによる留守政府との摩擦、外遊期間の大幅な延期、木戸と大久保の不仲などの政治的な問題を引き起こし「条約は結び損い金は捨て 世間へ大使何と岩倉」と狂歌の題材にされた。

使節団のほとんどは断髪・洋装であったが、岩倉はと和服という姿で渡洋した。この姿はアメリカの新聞の挿絵にも残っている。日本の文化に対して誇りを持っていたためであったがアメリカに留学していた子の岩倉具定らに「未開の国と侮りを受ける」と説得され、シカゴで断髪。後は洋装に改めた。

目的

  1. 条約を結んでいる各国を訪問し、元首に国書を提出する
  2. 江戸時代後期に諸外国と結ばれた不平等条約の改正(条約改正)のための予備交渉
  3. 西洋文明の調査

派遣使節団

使節46名、随員18名、留学生43名。使節は薩長中心、書記官などは旧幕臣から選ばれた。

ほか。

関連文献

  • 久米邦武編著 『米欧回覧実記』 明治11年(5冊組で全100巻、博聞社 1878年
  • 復刻版 『特命全権大使米欧回覧実記』全5巻 (宗高書房 1975年
  • 田中彰校注 『米欧回覧実記』全5巻 岩波文庫 1977-82年、のち単行本・岩波書店、1985年
    • 久米邦武編著、水沢周訳注 『現代語訳 特命全権大使 米欧回覧実記』全5巻   
慶應義塾大学出版会 2005年、のち同出版会で選書版、2008年
  • 久米美術館編 『岩倉使節団関係 久米邦武文書3』 吉川弘文館、2001年
    • 久米美術館編 『久米邦武と「米欧回覧実記」展  銅版画集』 1985年
    • 久米美術館編 『「銅鐫にみる文明のフォルムー『米欧回覧実記』挿絵銅版画とその時代展」資料集 』 2006年
  • 田中彰 『岩倉使節団の歴史的研究』岩波書店 2002年
  • イアン・ニッシュ編 、麻田貞雄ほか訳 『欧米から見た岩倉使節団』 <MINERVA日本史ライブラリー12> ミネルヴァ書房 2002年
  • 芳賀徹編 『岩倉使節団の比較文化史的研究』 思文閣出版 2003年
  • 米欧回覧の会編 『岩倉使節団の再発見』 思文閣出版、2003年
  • 田中彰/高田誠二編著 『「米欧回覧実記」の学際的研究』 北海道大学図書刊行会、1993年
  • 西川長夫/松宮秀治編  『「米欧回覧実記」を読む 1870年代の世界と日本』 法律文化社 1995年
  • 高田誠二 『維新の科学精神  「米欧回覧実記」の見た産業技術』 朝日選書 1995年
  • 岩倉翔子編著 『岩倉使節団とイタリア』 京都大学学術出版会 1997年
 〔読みやすい書籍〕
  • 田中彰 『岩倉使節団「米欧回覧実記」』(講談社現代新書 1977年、岩波現代文庫、2002年)
  • 宮永孝 『アメリカの岩倉使節団』(ちくまライブラリー20 筑摩書房 1992年)
    •  『白い崖の国をたずねて 岩倉使節団の旅 木戸孝允のみたイギリス』(集英社 1997年)
  • 萩原延壽 『岩倉使節団』<遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄9> 朝日新聞出版 2000年、のち朝日文庫 2008年
  • 泉三郎 『誇り高き日本人 国の命運を背負った岩倉使節団の物語』(PHP 2008年)
    • 『岩倉使節団という冒険』(文春新書 2004年)
    • 『堂々たる日本人―この国のかたちを創った岩倉使節団「米欧回覧」の旅』 祥伝社 1996年、祥伝社黄金文庫、2004年
    • 『写真・絵図で甦る堂々たる日本人 この国のかたちを創った岩倉使節団「米欧回覧」の旅』 祥伝社 2001年

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年2月25日 (水) 22:02。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。