親王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

親王(しんのう)

  1. 日本の皇族親王宣下をうけた男子の皇族。または、授けられた身位称号のことを指す(親王号とも)。
  2. 清朝の皇族の最高位。正式名称は和碩親王(ホショ=イ=チンワン)。

日本の親王

現在は天皇嫡出の子、及び、天皇の嫡男系の嫡出の子(皇孫)で男子であるもの、また、天皇の兄弟を親王という(皇室典範6、7条参照)。なお、女性の親王号を内親王、親王でない皇族は女王という。

現代では主に日本の皇族にのみ使われるが、外国の皇族や王族に対する呼称、プリンスの訳語の一つとしても便宜上、親王が用いられることがある。

皇族身位令皇室令。既に廃止)に準じて、成年となった場合は大勲位の勲等に叙せられ、大勲位菊花大綬章が授けられる。なお、内親王は勲一等に叙せられ、勲一等宝冠章が授けられ、王は勲一等に叙せられ、勲一等旭日桐花大綬章が授けられ、女王は勲二等に叙せられ、勲二等宝冠章が授けられることになっていた。戦後でも親王には、大勲位菊花大綬章が授けられ、内親王、親王妃には勲一等宝冠章(現、宝冠大綬章)が、女王には勲二等宝冠章(現、宝冠牡丹章)が授けられている。

歴史

律令制では天皇の子、および兄弟姉妹が親王とされ、位階を授けられ、給田や俸禄が与えられて、家司(けいし)が付属せられた。皇孫は二世から四世(場合によりそれ以降も)が諸王と称せられた。淳仁天皇は二世王から践祚したので、それ以降は親王宣下をもって親王とする慣習となった。

明治時代以前には、たとえ天皇の子供であっても親王宣下を受けない限り親王を名乗る事は出来なかった(参考:以仁王)。逆に世襲親王家の当主などの皇孫以下の世代に相当する皇族であっても、親王宣下を受けて親王となることもあった。平安時代から江戸時代にかけては、律令により、親王は「一品」から「四品」までの品位に叙せられた。一品を受けた親王は一品親王、品位を受けない(もしくは罪などで品位を剥奪された)親王は無品親王と呼ばれた。江戸時代以前において出家した親王を入道親王(にゅうどうしんのう)、出家後に親王宣下を受けた皇族を法親王(ほっしんのう)といった。

平安時代、桓武天皇の政策により東宮とならなかった親王を八省卿にする方針が打ち出されたが、後に親王に政治責任を負わせることに消極的な立場から中務卿兵部卿式部卿弾正尹大宰帥といった名誉職に就いて俸禄のみを得て、政務には携わらないという慣習ができた。この慣習に従い、政治実務から棚上げにされた人物の例として兼明親王がいる。

清朝の親王

清朝皇族愛新覚羅氏爵位の最高位。世襲親王と非世襲親王がある。世襲特権が認められているものには建国時期に活躍した6人の親王と2人の郡王のほかに、清朝中期、末期に特別な功績があるとして世襲が許された4人の親王がいる。その他の非世襲親王は一代ごとに爵位が下がり、鎮国公まで下がってからは世襲になる。

清朝皇族の爵位

  • 和碩親王(ホショ=イ=チンワン)
  • 世子(親王の嗣子)
  • 多羅郡王(ドロ=イ=ギユンワン)
  • 長子(郡王の嗣子)
  • 多羅貝勒(ドロ=イ=ベイレ)
  • 固山貝子(グサ=イ=ベイセ)
  • 鎮国公
  • 輔国公
  • 不入八分鎮国公
  • 不入八分輔国公
  • 鎮国将軍
  • 輔国将軍
  • 奉国将軍
  • 奉恩将軍

世襲皇族

清朝初期の世襲皇族

  • 礼親王代善(ダイシャン)
  • 睿親王多爾袞(ドルゴン
  • 予親王多鐸(ドド)
  • 粛親王豪格(ホーゲ
  • 承沢親王碩塞(ショセ) 後に荘親王家と改称。
  • 鄭親王済爾哈朗(ジルガラン)
  • 克勤郡王岳託(ヨト)
  • 順承郡王勒克徳渾

中期、末期に認めれた世襲皇族


関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_ 2008年12月28日 (日) 10:00。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。