宮中顧問官


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮中顧問官(きゅうちゅうこもんかん)は、皇室または王室制度が存在する国の官職。多くの場合名誉職的な意味合いが強い。

日本の宮中顧問官

日本では、大日本帝国憲法下で宮内大臣の諮問に応じる職であった。

内閣制度創設の際に、明治18年太政官達第68号により内閣とは別に宮内大臣内大臣と並んで設置された。名称中に「宮中」とあるように、戦前の日本では皇室・皇族関連を宮中、内閣以下政府を府中とし、宮中の制度に政府は関与できなかった。勅任官で、国家に勲功のあった者の中から選ばれた。1945年11月24日に廃止された。

主な任官者

その他の宮中顧問官

諸外国にも、宮中顧問官制度が存在した。

  • オーストリアでは、王室制度の無くなった現在でも敬称として使用されている。
  • 哲学者・科学者として有名なG.W.ライプニッツは、プロイセン王国の宮中顧問官に就任していたことがある。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月6日 (木) 08:21。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。