李鴻章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


李 鴻章(り こうしょう、リ・ホンチャンLi Hung Chang1823年2月15日 - 1901年11月7日)は、中国代の政治家少筌(しょうせん)。 日清戦争の講和条約である下関条約では清国の欽差大臣(全権大使)となり、調印を行った。

来歴

安徽省合肥出身。1847年道光27年)の進士となる。太平天国の乱の際には団練を率いて太平天国軍と戦い、その後曽国藩の幕僚となり、団練を元に曽国藩の湘勇に倣って淮勇を組織し、太平天国討伐に功績を上げた。

太平天国鎮圧後の捻軍鎮圧にも功績を上げ、1870年曽国藩の後を継ぎ直隷総督に就任した。この時に北洋大臣も兼ねたので淮軍はその後、北洋軍と呼ばれるようになった。

1876年江華島事件に関連して、李氏朝鮮の宗属関係について日本の森有礼と協議。

その後は清の最高為政者として西太后の信任を得て清の洋務運動に尽力した。この時期には清のみならず世界でも指折りの政治家として各国から尊敬を受けた。

1884年清仏戦争においては早々に講和をしベトナムに対する宗主権をフランスに明け渡した。後にこれが非難された。

1894年朝鮮に対する宗主権をめぐって清と日本の対立がより悪化した際、北洋海軍の装備では日本に勝ち目がないと考えたため開戦には反対の立場を取ったが、両国の主戦派によって戦端は開かれた。日清戦争の敗北後、講和交渉で全権を任された李鴻章は1895年3月から下関で交渉を開始した。3月24日、李鴻章が群馬県人・小山豊太郎に狙撃され、負傷するという事件が起こった(小山は3月30日、山口地裁で無期徒刑の判決を受けた)ため、日本側は列国の干渉をおそれ、まず休戦条約を調印し、4月17日に日清講和条約(下関条約)の調印を行った。日清戦争では清の軍隊の中で戦争に参加したのは事実上李鴻章個人の軍隊である北洋軍だけと言って良く、これが打撃を受けた事で戦後失脚した。

しかし李鴻章がいない清政府には政務を執る能力はなく、まもなく李鴻章は復権した。

阿片戦争以来の清の高官は、イギリスを仮想敵国とみなす海防派と、ロシア帝国を仮想敵国とみなす塞防派に分かれていた。 李鴻章は海防派の代表であり、復権後の李鴻章はロシアに接近し、日本に対抗しようとした。 そのためにロシアとの間に密約(露清密約)を結び、事実上満州をロシアに明け渡した結果になった。

義和団事変の際には再び全権を任されて諸外国との交渉に当たり、辛丑条約を締結し、その後まもなく病死した。文忠

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年3月1日 (土) 09:11。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。