旧制大学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧制大学(きゅうせいだいがく)とは、日本において学校教育法1947年4月1日施行)より前の学校制度における大学の全般を指す言葉である。

旧制大学については、第二次世界大戦後の1947年に施行された学校教育法によって新規に設立された大学(新制大学)と対比する意味で用いられる事が多い。なお、新制大学のうち国立大学については、国立学校設置法1949年施行、2004年廃止)によって設置された。

旧制大学は、現在(1991年大学設置基準の大網化以降)の大学の3・4年次と、大学院修士課程博士前期課程専門職学位課程などに相当すると考えられている。現在の大学の1・2年次は、旧制高等学校や旧制大学予科が担っていた。なお、旧制大学には旧制専門学校に相当する専門部という組織も設置されていたことがあった。

定義

旧制大学とは、学制帝国大学令もしくは大学令によって成立した大学である。第二次世界大戦終結前に成立した大学である、という文献も存在しているが、これは正しくない。

旧制大学一覧

ここでは大学設立時の名称を用いる。現在の名称と異なるものは併記する。また、適応する法律、設立順に並べてある。

学制

1872年、学制に基づいて東校(旧大学東校)を第一大学区医学校と改称、大阪医学校を第四大学区医学校に(1872年9月29日廃止)、長崎医学校を第六大学区医学校に改称。1873年学制が改正される(第三大学区と第四大学区が統合、以下番号繰り上がり)。さらに1874年に第一大学区医学校を東京医学校に改称。 1877年、東京医学校が東京開成学校(大学南校→南校→第一大学区中学校→開成学校)と合併し、東京大学(後に帝国大学へと改変)に。またこの年、工学寮と工部美術学校を併せて工部大学校が成る。

帝国大学令

大学令による設置

第一次世界大戦終結から第二次世界大戦開始前

1919年

府立大阪医科大学1931年国へ移管し、大阪帝国大学へ昇格)

1915年に専門学校令準拠のまま名称だけは府立大阪医科大学と改称されている。
1920年

東京商科大学(現在の一橋大学1944年東京産業大学に改称、1947年に再び東京商科大学に改称)、県立愛知医科大学1931年名古屋医科大学として国へ移管)、慶應義塾大学早稲田大学同志社大学日本大学中央大学法政大学明治大学國學院大學

1921年

東京慈恵会医科大学京都府立医科大学

1922年

新潟医科大学(現在の新潟大学)、岡山医科大学(現在の岡山大学)、旅順工科大学(終戦時廃校)、龍谷大学専修大学立教大学立命館大学関西大学東洋協会大学(現在の拓殖大学)

1923年

千葉医科大学(現在の千葉大学)、長崎医科大学(現在の長崎大学)、金沢医科大学(現在の金沢大学)、大谷大学

1924年

立正大学

1925年

県立熊本医科大学1929年国へ移管)、駒澤大学東京農業大学

1926年

日本医科大学高野山大学大正大学

1928年

東洋大学上智大学大阪商科大学(現在の大阪市立大学

1929年

神戸商業大学(神戸経済大学を経て現在は神戸大学)、東京工業大学、東京文理科大学(東京教育大学を経て現在は筑波大学)、広島文理科大学(現在の広島大学)、大阪工業大学1933年大阪帝国大学に吸収合併)、(官立)熊本医科大学(現在の熊本大学

1931年

名古屋医科大学1939年名古屋帝国大学へ昇格)

1932年

関西学院大学

第二次世界大戦開始後

1939年

東亜同文書院大学(終戦時廃校)、藤原工業大学(1944年慶應義塾大学に統合)

1940年

神宮皇學館大学(終戦直後廃校、一時中絶を経て私立大学として復活)

太平洋(大東亜)戦争中

1942年

興亜工業大学(現在の千葉工業大学)

1943年

大阪理工科大学(現在の近畿大学)

第二次世界大戦終結後

Template:節stub? 第二次世界大戦後、教育制度の改革を実施すること自体は決定していたが、制度の構築に時間が掛かっていた。その間にも大学の設置申請は続いており、やむなく、大学令の基準を満たした申請から順次設置を認可することとなった。しかし、第90回帝国議会において学校教育法が可決成立する見込みとなったことから、大学令に基づく大学認可は1946年5月の東海大学をもって終了することとなる。

一方、医学教育に関してはその制度設計や旧制医学専門学校の扱いに関して異論が相次いでおり、さら国立大学の設置に関する法整備の遅れもあって、新制度での教育施策がなかなかまとまらない情勢であった。そこで、新制度が確立するまでの暫定処置として、大学令によって大学の設置認可をすることとなり、1950年の福島県立医科大学まで、GHQの認可を得られたものから順次、旧制医学専門学校を旧制大学として昇格させる処置が採られることとなった。

1946年
1月

愛知大学

2月

霞ヶ浦農科大学(後に茨城県立農科大学を経て茨城大学

5月

東海大学(事実上、最後の旧制大学)

8月

東京医科歯科大学

不明

大阪医科大学(私立)

1947年
6月

大阪歯科大学山口県立医科大学(後に山口大学)、大阪市立医科大学(後に大阪市立大学)、奈良県立医科大学

1948年
2月

和歌山県立医科大学弘前医科大学(後に弘前大学)、前橋医科大学(後に群馬大学)、松本医科大学(後に信州大学)、米子医科大学(後に鳥取大学)、徳島医科大学(後に徳島大学

4月

広島県立医科大学(後に広島大学

1950年
2月

福島県立医科大学

補足

  • 京城帝国大学、台北帝国大学、旅順工科大学、東亜同文書院大学は外地の大学である。
  • 東洋協会大学は後に拓殖大学へと名称を戻した。
  • 東洋協会大学、東京文理科大学以外の大学は戦後の学制改革のときに現在の名称になった。
  • 京城帝国大学、台北帝国大学、大阪帝国大学、名古屋帝国大学は大学令公布に基づき改正された大学令による帝国大学令(改正帝国大学令)である。
  • 高野山大学は複数昇格したが、ここでは1つとして扱っている。
  • 日本女子大学校(現日本女子大学)、東京女子大学は大学令による旧制大学ではなく専門学校令による旧制女子専門学校である。
  • 学習院旧制高等学科及び高等科を旧制の大学として扱うような文献が存在しているが誤りである。中等科(中等学科)ならびに高等科(高等学科)の通算8年をして旧制高等学校に類似したシステムを採用しており、更に学齢からして大学ではなく旧制の高等学校である。学習院は大学令や高等学校令ではなく学習院学制によって設立された宮内省管轄の皇族及び華族の教育機関であり戦前であっても大学令に基づく或いはそれに準拠するような旧制大学であった時期は一切存在しない。また、旧制学習院高等科からは旧制の高等学校と全く同等に帝国大学へ進学することが可能であり中等科まで含めて考えると旧制7年制高等学校に類似する8年制の教育機関の様に見えるという状況である。

関連項目

関連書籍

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年8月31日 (日) 14:45。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。