国民学校


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国民学校(こくみんがっこう)とは、第二次世界大戦太平洋戦争の社会情勢によって日本に設けられ、初等教育と前期中等教育を行っていた学校のことである。ナチス・ドイツの初等教育に起源をもつ。
国民学校は、こどもが鍛錬をする場と位置づけられ、国に対する奉仕の心を持った「少国民」の育成がめざされていたともいわれている。

1941年昭和16年)の国民学校令(昭和16年勅令第148号)に基づいて作られ、6年の初等科と2年の高等科からなり、初等科は、それまでの尋常小学校などを母体とし、高等科はそれまでの高等小学校などを母体としていた。国民学校令の施行とともに、それまでの尋常小学校高等小学校尋常高等小学校は、すべて国民学校とされた。
国民学校令においては、それまで6年間だった義務教育を8年間に延長する規定が設けられたが、施行が延期され、国民学校令による義務教育期間の延長は行われなかった。

第二次世界大戦降伏後の学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づき、初等科が新制の小学校、高等科が新制の中学校にとって変わられるまで存在。国民学校令で懸案だった義務教育期間の延長も、学校教育法の施行によって行われている(6年間から9年間へ)。

教科

国民学校の教科は、初等科および高等科を通じて国民科、理数科、体錬科および芸能科とされ、高等科においては、実業科が加えられていた。各教科は、次のようにいくつかの科目に分けられていた。

  教科 科目
初等科
高等科
共通
国民科 修身国語国史および地理の科目
理数科 算数および理科の科目
体錬科 体操および武道の科目
(女児については、武道を欠くことができた。)
芸能科 音楽習字図画および工作の科目
(初等科の女児については、裁縫の科目が
 高等科の女児については、家事および裁縫の科目が加えられた。)
高等科
のみ
実業科 農業工業商業または水産の科目
  外国語その他必要な科目(必要に応じて学校ごとに設ける)

韓国における国民学校

韓国では、独立後に日本と同様の6・3・3・4制を導入したが、初等教育の6年間を、国民学校(クンミンハッキョ 국민학교)と呼称した。当時の教科書を広げて見ると、民族主義反共主義など、韓国政府が拠って立つイデオロギー子供に鼓吹し、殊更に親近感を抱かせるような内容が多かった。この教育は、文民出身の金泳三大統領が、国民学校を初等学校と改称するまで、続いていた。

関連項目

関連文献

  • 『子どもたちの太平洋戦争 国民学校の時代』山中恒 岩波書店 岩波新書黄 356 ISBN 4-00-420356-2 C0221




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月2日 (日) 19:22。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。