コミンテルン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コミンテルン (ロシア語:Template:lang?カミンチェールンラテン文字転写の例:Template:lang?英語:Template:lang?) は、共産主義の国際組織である。共産主義インターナショナル、第三インターナショナル、国際共産党。「共産主義のインターナショナル」という意味のコムニスチーチェスキイ・インテルナツィオナールTemplate:lang?Template:lang?)の略称。

概要

第二インターナショナルは、第一次世界大戦の際、加盟する社会民主主義政党がそれぞれ自国の戦争を支持したために瓦解した。これに反対する諸派がスイスのツィンメルワルトで開いた国際会議がコミンテルンの源流。十月革命後の1919年3月、ボリシェヴィキの呼びかけに応じてモスクワに21カ国の代表が集まり、第一回大会を開いた。

当初は世界革命の実現を目指し、ボリシェヴィキが各国の革命運動を支援するための枠組として機能した。また、1920年のインドネシア共産党、1921年の中国共産党結成とも結びつき、中国国民党との国共合作にも尽力した。しかしレーニン死後にスターリンが一国社会主義論を打ち出したことで役割が変わり、各国の共産党がソ連の外交政策を擁護するのが中心になっていった。1920年代中頃には中国で国民党政権と協調し、共産党が弾圧されても黙認した。1928年夏のコミンテルン第六回大会ではファシズムと社会民主主義のつながりが強調され「社会ファシズム論」が台頭したが、1930年代前半よりドイツで台頭するナチスに対し、社会ファシズム論に基づいてドイツ社会民主党との対立にあけくれたことは、ナチスの権力獲得を許す一因となった。1935年には、コミンテルン第七回大会で方針転換をはかり、人民戦線の戦術を提唱し、スペインやフランスで人民戦線政府が誕生したが、スペインはフランコによる反乱からの内戦で壊滅した。また、独ソ不可侵条約の成立と、第二次世界大戦初期のポーランド分割の結果、人民戦線戦術は放棄された。


第二次世界大戦の勃発に伴って名実ともに存在意義を失い、1943年5月に解散した。

日本共産党とコミンテルンテーゼ

1922年日本共産党が承認された。(日本共産党はコミンテルン支部となる)

1922年にコミンテルンのブハーリンが起草した「日本共産党綱領草案」。日本共産党では君主制廃止をめぐる内部意見の対立から正式な綱領(テーゼ)とはしなかったが、理論的に承認した(1923年)。
関東大震災で打撃を受けた日本共産党は1926年に再建し、1927年コミンテルンで採択された「日本問題に関する決議」が活動方針になった。
コミンテルンと片山潜野坂参三山本懸蔵らの討議を経て、1932年に「日本の情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」が採択され、日本共産党の新たな活動方針になった。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年3月13日 (木) 05:44。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。