中ソ不可侵条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中ソ不可侵条約(ちゅうそふかしんじょうやく)は日中戦争中の1937年8月21日、中華民国ソビエト連邦の間で調印された条約である。同条約に従い、ソ連は中国国民政府に対して空軍支援を送り(Zet作戦)、これは日ソ中立条約が結ばれるまで続いた。条約はまた、中国とナチス・ドイツとの友好関係の悪化に寄与し、それはドイツによる満州国の正式承認と在華ドイツ軍事顧問団の終結で頂点に達した。

関連事項




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年9月18日 (木) 05:43。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。