戦術爆撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦術爆撃(せんじゅつばくげき)は火砲戦車艦船などの戦術的な目標に爆撃を加えること。工場都市部などの戦略目標に爆撃を浴びせる戦略爆撃と対比される。

概要

戦術爆撃が始まったのは第一次世界大戦においてである。戦術爆撃は戦闘機戦闘爆撃機攻撃機)または軽爆撃機によって行われる。戦術目標は戦略目標と異なり、移動能力を有するため高高度からの水平爆撃ではなく、急降下爆撃によって行われることが多かった。一般に戦術爆撃が行われる目的は地上部隊の援護である。例えば第二次世界大戦においてはJu87スツーカ電撃戦において、重要な役割を果たした。

現代の戦術爆撃は対空兵装が進化したことにより、精密誘導爆弾などによる高高度からの爆撃となっている。このため、以前は戦略爆撃と戦術爆撃は目標と方法の両方が異なっていたのに対し、現在では目標のみの差になりつつある。

戦術爆撃機

戦術爆撃を主な目的とする爆撃機を戦術爆撃機と呼ぶ。戦略爆撃機と対となる言葉であり、主により小型の爆撃機を指す。かつてはB-66のような軽爆撃機がこう分類されていたが、現代ではこの規模の機体は攻撃機とされることが多い。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2007年10月20日 (土) 00:32。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。