徴兵検査


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

徴兵検査(ちょうへいけんさ)は徴兵制度のある国において、一定の年齢に達した者に対して身体検査を行い、合格した者を徴兵対象の候補者とするための検査である(したがって志願制の軍隊に入隊する場合の身体検査のことではない)。

日本(戦前)

20歳に達した男子は誰もが徴兵検査を受けることが義務付けられた。4月~5月頃に通知が届き地域の集会所や小学校で検査が行われた。 検査に合格した者は翌年の1月10日に各連隊に入営する事となる。尚、徴兵検査は20歳以上は義務となるものの、17歳から志願によって入営することが出来た。

内容

  • 身長体重病気の有無等。合格し即入営となる可能性の高い者は合格区分が『甲種合格』というが、甲種合格の目安は身長152センチ以上身体頑健だった。始まった当初の明治では合格率がかなり低く、10人に1人か2人合格する程度だった。ただし、後の太平洋戦争末期では兵員が不足してしまい、身体上極めて欠陥の多い者とされる丙種までが徴兵される事となる。

合格基準

基準要旨兵役区分
甲種身体頑健~健康現役に適する
乙種第一乙で在っても現役を志願する者
抽籤で当った物
第二抽籤で外れた者
丙種身体上極めて欠陥の多い者現役には不適だが
国民兵役には適する
丁種目・口が不自由な者・精神に障害を持つ者兵役に適さない
戊種病中または病後など兵役の適否につき
判定出来ない

徴兵逃れ

  • 徴兵に逃れたいあまり自傷したり、病気になる為にワザと極めて不健康な生活をする、煙草を1日3~4箱吸い急激に体重を落とす、醤油を一気飲みする、肛門付近に生肉をつけて重度のを装う、視力や聴力の低さを偽装するなど、様々な方法(いくつかは伝説とされている)を試みる者が多かった。ただし、これらも戦局の悪化にともない徴兵逃れも不可能になってきた。

中国

韓国

現在でも徴兵検査が行われている韓国では徴兵検査は若年男性の最大の関心事と言っても良い。近年では薬物の服用によって臓器疾患を詐病する、あるいは本当に病気になるなどによって不合格になろうとする者も増えている。 このような疾患を偽造する薬物の闇取引が横行していることもあり、近年では検査基準や手法の見直しも行われて徴兵検査の合格基準が緩和傾向にあり、軽度の糖尿病高血圧を持病に持っていても徴兵されるケースが増え、「本来、兵役に耐えられない者まで無理に徴兵している」という批判が出ている。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月4日 (火) 22:34。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。